受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム コラム一覧

コラム
2017年1月9日

不労所得を始めるにあたって意識すべきこと

お金

不労所得があれば、働くことなく収入を獲得できます。これは、自分で事業をされている人でもそうでない雇われの人でも変わりません。今や誰でも簡単に不労所得を作れるようになったと言っていいでしょう。ひとつの会社に囚われすぎずに、もっと自由にお金を稼ぎ出してもいいかもしれません。今回の記事では、不労所得を得る際に心がけておきたいことを4つ紹介していきたいと思います。不労所得にもいろいろな種類がありますが、そういった属性の報酬に興味がある方は、ぜひご一読ください。

ポイント1:全く動かなくていいわけではない

不労所得とはいえども、不労で所得が入ってくる状態にするには、それなりの時間がもちろんかかります。初期投資のようなものです。これに時間を書けたり手間を掛けたりお金をかけたりすることで、不労所得が将来的に発生します。これを発生させるために、最初に努力が必要ということ。不労所得と聞くとそのあたりを勘違いしている人も多くいます。全く動かずにお金が発生するのは、不労所得が入ってくる仕組みをしっかりとつくり、その仕組みづくりのためにしっかりと努力した後と言っても過言ではありません。はじめから何もしないで不労所得を作ることはできませんので、そのあたりはしっかりと意識しておきましょう。

ポイント2:ネットワークビジネスでの不労所得にはご注意を

ネットワークビジネスとは、特定の商品やサービスを広告宣伝に力を入れるのではなく、いわゆる口コミで波及させて大量に商品をさばく仕組みです。普通に商品を買うのではなく、報酬を受けるためには会員登録が必要など、さまざまな条件があったりなどともちろん制約もあります。その代わり、自分のポジションの下に人がついていけば、その人が買うなど何かを契約した際にその一部の金額がバックされる仕組みになっています。ネットワークビジネスをうまくこなせば、月に何十万円から何百万円という報酬を得ることも可能です。しかし、そのために知人や友人、親戚などに無理にお願いをして、関係性を崩してしまう人もいるのも事実。あまり無理やり商品をすすめることは避けましょう。しかしながら、ネットワークビジネスに代表されるこの権利収入関連は、将来の年金代わりなどとしてもとても魅力的になっています。さまざまなネットワークビジネスがあります。すべてが悪いと決めつけるのではなく、どれくらいのリスクがあって、どれくらいのリターンがあるのかを調べてみるといいでしょう。違法ではないものがほとんどです。

ポイント3:行動しないと何も生まれない

どんな不労所得にしても、何もせずに生まれるものではありません。以下の3つの要素のうち、どれか一つは必ず動かす必要があります。「お金」「手間」「時間」の3つです。基本的にはこれらすべてを動かしてはじめて不労所得が入ってくるものと考えていただいたほうがいいでしょう。楽をしたい、楽をしたいと考えるのは人の常ですが、そのままでは不労所得はもらえないことが多くなっています。どんな不労所得ビジネスにしてもまず行動することは重要です。それもある程度のスピード感をもってやったほうがより大きな報酬につながります。そうならない人は行動の量や行動のタイプが異なっていると考えたほうがいでしょう。行動するということは不労所得をつくる初期段階として非常に大事なステップなので、しっかりと検討しておきましょう。

ポイント4:情報をいち早く手に入れる

不労所得にもさまざまな種類がありますが、どれにも共通して言えることが、情報をしっかりと早めに正しく手に入れるということです。これをしなければ、適切な不労所得は得られないと言っていいでしょう。誰しもが働かずに報酬を得られることを望むはずです。しかし多くの人がそういったところでつまずいて、結局不労所得を作れずに断念してしまう人が多いようです。ビジネスにおいては、情報は大きな利益を生む武器となります。しかも、だれも仕入れていない情報の場合、それが売れるケースもあります。情報商材と呼ばれる分野ですね。この情報商材を活用して、アフィリエイトで不労所得を多くもらっている人がいるのもまた事実です。しかし、この情報商材も何もせずに生まれるものではありません。しっかりと商材を作り込む時間が入ります。

まとめ

このように、不労所得をはじめる際に意識して欲しいポイントが4つあります。なんでも簡単にすべてのことが進んでいくということはありません。ちゃんと努力をして、不労所得を得る仕組みを作る。そういう風に考えていたほうがいいでしょう。

NEW POST

CATEGORY