受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム一覧column

コラム一覧

稼ぐためには無駄な思考を捨てよう

2016年9月1日

ゴミ箱

「あの人にどう思われているのだろうか?」「これで本当に正しいのだろうか?」毎日さまざまなことに頭を悩ませていることでしょう。しかし、正解があるかどうかもわからないことに長く頭を悩ますことは、無駄以外のなにものでもありません。副業を人よりも出世したいなら、人よりも成功したいなら、人よりも多く稼ぎたいなら、無意味な思考は捨てて前に進みましょう。どんな思考を、どう捨てたら良いのかわからないという人は下記を参考にしてみてください。

「他人にどう思われるか」という思考を捨てる

人間なら誰しも、「他人に良く思われたい」という気持ちがあります。それ自体は間違いではありません。「他人に良く思われたい」という思考は、傍若無人に振る舞いを防ぐことに役立ちます。でも「他人に良く思われたい」という気持ちが強すぎるのも問題です。
たとえばメール一本書くのに、“これじゃ失礼かな?”、“これじゃ馴れ馴れしすぎるかな?”と、気にしすぎて肝心な内容がおざなり、必要な資料添付を忘れる、何時間もかかってしまう・・・そんなことになってしまっては意味がありません。メールでの言葉遣いよりも大切なのは中身です。体裁を気にするのではなく、用件を簡潔かつ正確に伝えることが重要です。「人にどう思われるか?」を気にする前に、もっと勉強すべき点はいくらでもあります。

過度に心配するのをやめる

いざ物事を決めた後に、「でも本当にこれでいいのかな?」とか「このやり方で大丈夫かな?」と心配になることもあります。しかし、稼ぎたいならその心配も捨ててしまいましょう。物事には多少のリスクがつきものです。始める前に心配ばかりしていては前に進むことが出来ません。確かに仮説を立てて、リスクへの対策を講じる考えは必要です。しかし、きちんとしたプロセスを踏んで決めたことなら大きな環境の変化がない限りは立ち止まったり、後ろを向いたりせずに前に進むべきです。その実行力があって初めて稼げる人間になるのです。

万人へ気遣おうとしない

さまざまな場面で気を遣える人は対人関係の能力が強いと言えるでしょう。しかし、だれかれ構わず気を遣うことも思考の無駄です。配慮にも時と場合によって優先順位をつけることが必要。まずは、ものごとの最終的なゴールを見極め、そのためのキーパーソンとなる人への配慮を優先するようにしましょう。だからと言って他の人を無下に扱っていいというわけではありません。あくまで任務を速やかに遂行するには、仕事上ポイントとなる人物を優先して気遣って配慮すべきということ。八方美人的な気遣いはかえって多くの人を傷つけてしまう可能性もあります。「私はみんなのことを気遣っているのに、どうしてうまくいかないの?」という人はまずはこの法則で無駄な配慮を捨ててみましょう。

他人を妬む考えを捨てる

他の人が大金を稼いだり、出世したりすると、「自分には関係ない」とわかっていても、ついついうらやましく思ってしまうもの。相手をうらやましいと思う気持ちがいつの間にか妬みになってしまうこともあります。しかし、あなたも相手と同様に稼ぎたいなら、この“妬み”の感情を今すぐにでも捨てるべきです。ライバルを妬んだところで、自分にとってプラスになることはありません。むしろ自分は損をしてしまうことのほうが多いのです。
また、妬みから人の上げ足をとるような人間は、いざ何かトラブルが起きたときにも誰も助けてくれなくなります。自分と他人の利益、どちらも上がるような方法を考えるのが大切です。そうすれば、成功した誰かを恨むような無駄な思考をしている時間はないはずです。

他人に依存する考え方を捨てる

最後に、人に依存するのもやめましょう。グループで取り組む仕事などは、たしかにお互いを助け合って進めていきます。しかし、あまりに人を頼り過ぎたり、依存しすぎたりすると「自分でやろうとしなくなる」また「自分ではなにもできなくなってしまう」という恐れがあります。相手を信頼して「頼る」ことも大事ですが、「なんでも率先して自分でやる」という気概も大切。人に頼ってばかりでは成長できません。「他人に依存する」ことは辞めて、自分なりのやり方やバランスをうまく保つことが稼ぐ上では必要なのではないでしょうか。

【まとめ】

「頑張っているのになんだかうまくいかない・・・」そんな人はぜひ上記に挙げられる「無駄な思考」を捨てるようにしましょう。直感やインスピレーションは大事です。「これはいらないかも」というものがあったから迷わずにあったらどんどん捨てていきましょう。あれやこれやとわき目を振らずに。いらない思考は捨てる、それこそが稼ぐために必要な思考なのです。