受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム一覧column

コラム一覧

成功者に学ぶ時間の使い方

2017年1月20日

時間

成功者とは「経済的な自立」を果たして仕事をせずに不労所得やビジネスで成功しており時間にゆとりがある人をさして「成功者」としたいと思います。成功者の人と一般の特に会社員の人と大きく違うことは「考え方」と「習慣」の違いが大きいようです。さまざまな成功者に共通していえることは自分のゴールを見据えているということと、後悔をしない毎日を行うために今日をどういう日にして過ごすかを考えているかということです。

成功者の定義と考え方について

また、時間の質にもこだわります。時間の種類には「消費」「浪費」「投資」にわかれ、「消費」はご飯を食べる、寝る時間などの必要最低限の時間。「浪費」は行わなくても問題の無い、余暇の時間。「投資」は後々自分の身に何かしら返ってくる時間です。成功者は圧倒的に「投資」に時間を使います。向上心がある方は特に自分を成長させたい欲求が強いため「浪費」の時間を限りなく小さくして「投資」に時間を回します。もう一つの大事な考え方が時間を作るという感覚です。よく「時間がない」「余裕がない」などを聞きますが、平等に24時間を与えられている中でここまで差が出るのでしょうか?これは分刻みで調整しそのイベントへ参加するために「時間を作っている」からといえるでしょう。そのことが日常となっており成長することを楽しんでいるため、積極的に行動しているのです。

目先のことを考える人と成功者の考え方の矛先について

自分自身も会社員なので良く分かるのですが、プロジェクトでの計画やその日一日のスケジュールを決める際には「効率化」や「品質」「納期」を重視して考えられる方がいると思いますし自分もそうです。ただ、成功者の方の考え方は目的・目標を定めたことに対して自分に必要なこと、やらなければいけないことが見えているため、不必要なことに時間を割きません。そのため不必要な業務と判断した場合には他の人に仕事を渡し、自分自身の時間を空けるように行動するのです。ついつい業務を行っていると目先のゴールを見て納期や品質などを意識してしまうのですが、ビジネスなどで成功している人は自分のゴールや事業のゴールから逆算して計算するので今日一日をどうやって過ごすか、1カ月後、1年後、5年後などの先の未来について考えます。目先のことを中心に考える人はつい今行っていることを中心に考えてしまいがちです。確かに目先の課題を片付けることは大事ですが、課題はクリアできれば次の課題が出てきてきりがありません。ではどうすれば良いのでしょうか?それは自分の中での優先順位を常にもつことだといえます。優先順位の考え方は緊急度、重要度で考えられます。ただ、この重要度が高い事象こそが自分の中で優先順位が高いことがあります。その場合は緊急度の高い事象を工夫し短時間で終わらせることを考え、重要度の高い事象に時間を割くことで生活サイクルを変えられます。では、成功者たちは目的・目標に対して一直線に向かえるエネルギーがあるのでしょうか?それは当たり前かもしれませんが人生には終わりが必ずあり時間は有限であると意識しているからでしょう。当たり前のように明日が来ると思っているとつい今日やることを明日に回してしまいますが、今日は今しかないと思えばやりたいことを今日のうちに終わらせる努力をするはずなのです。

どのように時間を活用しているのか?

普段の仕事からして忙しい成功者の方はどのように自由に使える時間を作り出しているのでしょうか?仕事を行っている時間ではどんなに効率的に仕事をしても限界があるため、仕事以外の時間を有効活用しています。電車やタクシーなどの移動時間を活用してメールの処理や情報収集などの時間に充てているようです。また、一般的に寝ている時間とされている時間に朝早くに起きて仕事を開始している場合が多いようです。周りの人が活動していない時間に活動するということが一つの活用方法といえそうですね。

まとめ

成功者たちは健康に対しても人一倍の努力をしています。一日でも休めないと思えば当然かもしれませんね。ただ意外なのは睡眠時間をきちんと取っている成功者が多いことです。確かに睡眠時間を削減することで別の時間に割くことも出来るのですがここで弊害があります。睡眠不足による健康が害される可能性があることです。そのため最低限の睡眠時間を確保し健康である状態をキープすることに努めているのです。「健康」「睡眠」以外の時間の無駄を省き、ゴールに向かって必要なことに時間を割いているので成功者になれるということでしょう。