受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム コラム一覧

コラム
2016年11月19日

不労所得で解決する生活の悩み3選

悩み

世の中には、「不労所得」と呼ばれるものがあります。「不労所得」とは、その名の通り働かずに収入が得られることをいいます。「え~!何もしないのにお金が手に入るの??」と、驚く人も多いでしょう。「そんな話、ちょっと怪しい」と思う人もいるでしょう。しかし、不労所得を得て生活している人は案外多いのです。ここでは、「不労所得」の作り方(得方)と、得た「不労所得」で解決する生活の悩みを紹介していきましょう。

「不労所得」を作る方法とは?

「不労所得」を得るためにはさまざまな方法があります。すべてを上げているとキリがないので、代表的ないくつかを紹介していきましょう。

・著作権

小説家や、マンガ家、ミュージシャンが得られる「著作権」というのは有名ですよね。執筆した本が売れるたびに、作詞作曲した音楽が使われるたびにロイヤリティという名の報酬を得られるので、作った作品がロングヒットしてしまえば、あとは何もせずに放っておいてもお金が入ってきます。モノを作るときはもちろん働いていますが、その後働かなくてもお金が入ってくる「著作権」はまさに「不労所得」と言えます。もちろん、特別な才能と環境、運も必要です。

・不動産オーナー

不動産オーナーとはいわゆる大家さんのことです。家やマンション、土地などを貸出すことで家賃収入を獲得できます。例えば家賃10万円の部屋を5部屋貸せば、働かなくても毎月50万円の家賃が入ってきます。ある程度は管理する労力も必要にはなりますが、土地さえ持っていれば一番現実的な方法とも言えます。才能が必要な「著作権」に対して、こちらは初めに物件や土地を買うお金が必要です。または譲り受けた物件や土地が必要。物件や土地は時代ごとに価格が変わってくるので、運用の力は必要かもしれません。

・株式投資家

株を持っていれば、会社の利益から毎年数回の配当金をもらえます。お金を出すだけで、実際の仕事は投資した企業がするという、文字どおりの「不労所得」です。もちろん、専門的な知識や先見性が必要。たった一日で億万長者になれる夢もあれば、たった一日で大損するリスクもある方法です。

・アフィリエイト

アフィリエイトとはホームページ上に広告を貼って収入を得る方法です。一般的なネットショップだと、注文管理、郵送などの作業があります。しかしアフィリエイトは、商品ではなく広告を貼ります。例えば、自分のブログに「〇〇〇〇のスニーカーを買いました。とても履き心地が良くおすすめです!」という感じで、レビューや関連記事を書いて商品リンクを貼っておきます。そしてその記事を読んだ誰かが「良さそうだから買ってみよう」、このリンクをクリックして本を購入した場合、広告主から売上の一部を受け取れます。商品を紹介するだけなので、発送作業や、問い合わせに答える手間がありません。つまりは働かなくても収入が入るようになるのです。これをアフィリエイトと呼び、代表的な「不労所得」のひとつになるのです。

・情報商材

情報商材とは名前のとおり、モノではなく情報を、おもにインターネット上で売るビジネスです。他人が見て「お金を払ってでも知りたい!」と思うような情報があれば、どんなものでも商品化できます。よく見かけるのは「株式投資入門講座」、「ダイエット方法」、「起業方法」などなど。データにしてダウンロードできるようにすることで、あとは何もしなくとも自動的に販売まで行なえます。当然郵送する手間もありません。商材とそれを売るページさえ作ってしまえば、売れたときに自動的にお金が入るような仕組みになっているのです。

①身体が弱くて働きに出られない

「不労所得」のメリットは、何といっても「働かずに収入を得られること」です。たとえば身体が弱くて寝込むことが多い・・・という人が居た場合、この「不労所得」があれば、無理に働きに出る必要もなく、自分のペースで仕事に取り組めます。これは大きな生活の助けとなるでしょう。

②田舎で働き先が少ない

さまざまな企業が並ぶ都会とくらべて、田舎や郊外になると働き先も一気に減っていきます。お金が欲しくとも就職先がなければ稼ぐこともできません。一家の大黒柱となるお父さんであれば、片道数時間かけて会社に通えるかもしれません。しかし、家事もしなければいけない主婦ともなると、そうはいきません。「不労所得」であれば、働きに出ずとも稼げるので、たとえまわりが田んぼだらけの田舎だろうと問題ありません。「不労所得」は田舎の過疎化問題の改善にもひと役買えるのです。

③子どもが小さくて働きに出られない

育児にはお金がかかりますが、子どもがまだ小さいうちはなかなか目も離せないため、働きに出ることも難しいでしょう。しかし「不労所得」であれば、外に出なくとも自宅で稼げます。子どもがいる家庭においては、この仕組みはかなりの助けとなるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?不労所得は、「副業」としても成立するお金の稼ぎ方。自分が会社で働く間に自動的にお金が入る仕組みを構築しておけば、苦労せずとも「二足のわらじ」を履くことが可能に。「会社からもらうお給料だけでは足りない」という人は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

NEW POST

CATEGORY