受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム一覧column

コラム一覧

ライフステージに合わせた不労所得:30代編

2016年11月23日

30代という年齢は、役職のある仕事を任される、結婚や出産に合わせて住居を購入するなど、公私ともに忙しくなる時期でもあります。金銭的な面を見ると、収入以上に支出が増えてくる時期。30代の時期にどのくらい貯蓄できるかによって、その後の生活にも影響が出ると言えるでしょう。今回はそんな問題を解決するために、30代から始めるのにピッタリの不労所得である、マンション経営のメリットをご紹介していきたいと思います。

30代で始めるマンション経営のメリット①少額な資金でスタートできること

30代から将来のことを考えて不労所得を作りたいと考えているなら、マンション経営を検討してみてはどうでしょう。30代という年代は、定年退職まで数十年ある時期。安定した収入があれば、マンション建設のための資金としてローンを組んでも60歳、65歳という定年退職の時期を迎えるころには完済できていると考えられます。マンション経営は、他のFXなどの投資を行なうよりもリスクは少なく、少額でもスタートさせることも可能です。また、まだ子供が小さくて教育費がかからない時期から始めるのがポイントです。

30代で始めるマンション経営のメリット②万が一の保障手段を増やせる!

働き盛りの30代。元気でいるのは当たり前と自分自身の健康を過信してしまう年代でもあります。しかし、家族のためにも自身の健康には一層気を配る必要があると共に、何かあった時のためにと生命保険に多く加入するという人も増える時期でもあります。不労所得を得るためのマンション経営の場合、ローンによってマンションを購入する人がほとんどだと思います。マンションに限らず住宅を購入する際には、「団体信用生命保険」というものに加入することが条件となっている場合がほとんど。万が一、自身が死亡した場合、ローンの残債は生命保険会社が一括返済を行ない、返済の必要のないマンションが残ります。残された家族はマンションを売却すればある程度まとまった金額を受け取れますし、そのまま継続したマンション経営で不労所得の収入源を残せます。マンション経営では、もしもの時の保障を確保できるメリットは大きいと言えるでしょう。

30代で始めるマンション経営のメリット③増税対策にも効果あり!

不労所得としてマンション経営を行なうと、税金対策にもなります。近年、これまでの税金や福祉制度などに変化が出てきていて、これまでの所得税や住民税、年少扶養控除などが見直され結果的には、増税となっています。今後、さらに増税となることも予測できます。マンション経営を行なうと増税対策になると言われています。

30代で始めるマンション経営のメリット④減税などの税金対策に

マンション経営を行なう上での減税などの税金対策として具体的にご紹介していきたいと思います。例えば、妻と子供1人の3人家族で年収500万円の人が、頭金を100万円用意してマンションを35年のローンで購入した場合、給与として得られた収入に対しては、マンション購入前の税金と同様の税金を収める必要があります。しかし、マンション購入後には、不動産を所有していることで税金の控除を受けられるために、納税額を大幅に削減できます。削減できる税金は、その時のマンション経営にかかる経費や、収入によって変化していくものではありますが、何かしらの減税などの税金対策として活用できます。

マンション経営のリスクも把握しておく

30代で不労所得を得る方法のひとつとしてオススメのマンション経営は、メリットが多く魅力的です。しかし、もちろんリスクも存在します。マンション経営を検討する場合には、リスクについても正しく理解し、リスクを最小限に抑えることが重要です。一番大切なことはマンション経営を行なうにあたっての知識をしっかり持つことです。知識がないまま不動産業者に任せっきりになってしまったことで不利益となる場合や、思わぬリスクを背負ってしまうこともあるのです。自分が不労所得を得るためにマンション経営を行なっているという自覚を持つことが何よりも重要です。マンション経営を行なっていく中で、さまざまなトラブルに遭遇することも想定できます。例えば、空室や家賃滞納などいつも安定した収入になるとは限らないということ、地震などの災害が起こってしまった場合の対処、利用していた管理会社の倒産など思いもよらないようなアクシデントが起こるおそれもあることを理解しておきましょう。

まとめ

30代の人にオススメな不労所得を得る方法のひとつである、マンション経営について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?さまざまな方法で不労所得を獲得できる時代だからこそ、メリット・デメリットをしっかり理解することが何よりも大切と言えるでしょう。