受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム コラム一覧

コラム
2016年8月3日

お金を稼げる人と稼げない人の思考パターンの違い

お金を稼ぐ思考

例えば、2人の人がいます。同性で同い年。卒業大学も同じです。しかしこの両者の間には貯蓄の額に大きな開きが出ています。
それはなぜでしょう?と聞かれたら、あなたは何と答えるでしょうか?片方は独立開業で稼いでいるから?それとも会社で出世したから?
そういった回答もあながち間違いではないでしょう。
しかし、成功できた理由を問われたら、それ以上答えられるでしょうか。
実は、お金を稼げる人とそうでない人は、学歴や資格といった問題以前に成功への思考パターンの違いがあるのです。
今回は稼げる人の思考パターンの違いについて考えてみましょう。

成功イメージを持っているか

お金を稼げる人と稼げない人の違いの1つは、成功イメージを持てるかどうかと、主体的にものを考える事が出来るかの二点と言えるでしょう。
就職すると、だんだんと責任のある仕事を任されるようになります。そういった『仕事をする』という行動のなかで、いつまでにどれくらいの結果を出すかという明確な目標がある人とない人の差は大きいものです。独立開業、副業というような1人でやる仕事でも同じことがいえます。明確な目標を持ち、成果を出すことをイメージしていると、自然と実現するためには何をすればよいかという発想が湧き、行動に移せます。結果として、短時間、あるいは効率的に成果を出せるのです。
逆に、そのイメージが持てない人というのは、目の前の仕事だけでがむしゃらに働くばかりとなってしまいます。真面目で良く働くけれど、今ひとつ結果が出ないのがこのタイプです。このタイプは資格取得などには熱心ですが、それを活かして仕事の成果を上げることが苦手です。「皆が良いという資格をとれば、仕事が出来るようになるかもしれない」あるいは「この資格を持っていれば、周りが仕事のおぜん立てをしてくれるかもしれない」などと考えてしまいます。
成功イメージを持つことは、言葉を変えれば主体的な行動をすることと同じです。主体的な人は、たとえ目標通りに結果が残せなくても、自分の力で修正し、次に活かせます。このタイプは、成果が出るまで粘り強く主体的に動くことを止めないのです。しかし真面目に頑張れば報われるはずだ、とばかりにがむしゃらに動くだけの人は自分の力で稼ぐことが出来ません。もともと明確な目標自体がないのですから、成果が出せなくても軌道修正をしようという発想そのものが出てこないのです。

生活のリズムとメリハリを持てるか

冒頭で挙げた2人の人物が仕事を終えて帰宅したとします。
この2人が見るテレビ、インターネットのサイトはどのようなものだと思いますか?
お金を稼げる人はプライベートを活用して、仕事への知識を吸収しているのではないでしょうか。テレビやネットの視聴時間やその内容と、お金が稼げるかどうかとはあまり関係がありません。むしろ稼ぐ人が大切にしていることは「見たい番組(サイト)を見ている」という点です。毎週楽しみにしている番組がある。更新されるたびに楽しみに読んでいるブログがある。そうやってリラックスタイムを作ることで、上手にストレスを解消し、一日の疲れを癒します。その日のうちにその日の疲れをとる事が翌日の仕事へのモチベーションを上げるポイントです。一方の稼げない人はどうでしょうか?同じテレビを見るにしても、だらだらと過ごすケースが多いのです。これはリラックスタイムではなく、単なる暇つぶし。何となくテレビを見ているうちに時間が過ぎてしまうと、だらだらしてしまったというある種の嫌悪感が残ります。お金を稼げる人と稼げない人の違いは、休むときはしっかりと休む。疲れは翌日に持ち越さないというメリハリにあるのではないでしょうか。

自尊心の高い人・低い人の違い

自尊心という言葉はプライドと言い換えられます。そしてプライドが高い人というのはあまりポジティブなイメージがありません。これは非常に残念な事です。自尊心というのは文字通り自分を尊ぶ心。これは大変に大切な想いです。
自分に価値があると想う心の無い人が、困難に立ち向かえるでしょうか。自分はこの困難を乗り越えるだけの力がある。そして困難を乗り越えた先にある報酬を受けるだけの価値がある。その想いは、最初に述べた『成果イメージを明確に持つこと』につながります。
自尊心が低いと、たとえ実力があったとしてもそれ相応の報酬を受ける事にためらいを感じてしまいます。不必要な値引きや、押しの弱さに繋がるのです。
例えば営業などで不必要に値引きすると、あまり質の良いお客は集まりません。また、押しが弱いと他人の分まで仕事を押し付けられてしまい、成果と関係ない仕事をさせられる事もしばしば。そういう意味で、自分が価値ある人間だと自負し、それ相応の報酬を受ける気持ちのある人の方が、結果を出し、はるかに稼げるという事になります。
お金を稼げる人と稼げない人との違いは、自尊心を高く持てるかどうかという点にもあるでしょう。

【まとめ】

お金を稼ぐ人、稼げない人というのは、能力や学歴よりもむしろ考え方に違いがあるのです。
ここに書いた他にも、食事などの自己管理や人を育てられる力があるかなども大切な要素となります。そして、考え方を変えることは、誰でも今すぐにできます。元手もいりません。もしあなたが稼げない人の考え方に当てはまるなら、今すぐその考えを変えると決心してみましょう。すぐには変われないかもしれません。しかし、その決心は数年後に大きく人生を変えていくことでしょう。

NEW POST

CATEGORY