受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム コラム一覧

コラム
2016年11月20日

余った土地を活用した不労所得

もしも余った土地を持っているなら有効活用して不労所得を得ることをおすすめします。土地は余っているけれど立地条件が良くない、そんなに大きな土地ではないと思ってそのまま放置してしまってはいませんか?どんな土地でも今の時代、活用方法は無限にあるものです。そこで今回は、余った土地を活用した不労所得についてご紹介していきたいと思います。余った土地を持っているという人必見の内容です!

余った土地の立地条件が悪い場合

余った土地は持っているけれど、立地条件が悪いから活用方法がわからないという人はいませんか?活用方法がわからないから放置しているならもったいない話です!
立地条件の悪い土地が、不労所得を得られるお宝の土地に大変身する場合もあるのです。立地条件の悪い土地には、アパートやマンションなどの建物を建てるのはあまり良い方法とは言えません。無理に建てたとしても入居者が少ないなど空室になってしまっては意味がありません。立地条件の悪い土地には、建物を建てるのではなく、資材置き場として土地を貸し出す方法がおすすめです。もちろん、アパートやマンションを建てた家賃収入と比べると収入自体は低くなってしまいますが、それでも建物を建てるなどの初期投資の必要がなく、余って放置してある土地をそのまま貸だせるのですから、ただ眠らせておくことを考えるとメリットは大きいはず。資材置き場としての借り手の需要も多いので、無理に建物を建てない、という活用方法も視野に入れてみましょう。

初期投資を最小限に土地活用したい場合

立地条件はそれほど悪くないけれど、初期投資をできるだけ抑えたい場合は、駐車場として貸し出してみてはどうでしょう?!車が駐車できるスペースさえあれば、いつでもすぐに貸し出せますし、それなりの立地条件ならマイカーの駐車場として借りたい人は案外多いものです。そして初期投資をほぼ必要とせずに始めることも可能です。土地活用をしているという人の多くは、アパートやマンションではなくて駐車場というデータもあります。初期投資はもちろんのこと、土地に対するメンテナンスなどの必要もないので、本当に簡単です。しかし、収益率を考えると、駐車場はそれほど短期間で大きく稼ぐことは見込めません。どのくらいスパンで初期投資を回収するか、どのぐらいの不労所得が欲しいかによって、土地の活用方法は使い分けた方が良いでしょう。

住宅街や人口密集地の土地の活用には?

今余っている土地を持っているという人の中には、住宅街や人が多くいる地域に持っているという人もいるかもしれません。どのように土地を活用すれば良いのか迷って手が出せずにいるとしたら、それは本当にもったいないと言えます。住宅街や人が多くいる地域に土地を持っているなら、アパートやマンション経営を思い切ってしてみてはどうでしょう。建設費を捻出できないという場合は、金融機関からの借り入れも視野に入れましょう。人の多い地域の土地は、かなりの利益を生む可能性があります。マンションやアパートなどは、縦方向の空間も有効活用しているので、それだけ多くの利益も生み出せます。魅力と需要のありそうな間取りのアパートやマンションを作って不労所得をたっぷり得てしまいましょう。

ちょっと視点を変えた余った土地の活用方法は?

余っている土地が、立地条件は平均的だけど、アパートやマンションを建てるだけの広さはないという場合や、アパートやマンション、自宅など建てているけれど微妙な大きさの土地が余っているという場合は、思い切って自動販売機を設置してみるというのはどうでしょう?自動販売機を設置したからといって、多くの不労所得を得ることは難しいかもしれません。しかしそれでも、自動販売機を設置しておくのとおかないのとでは、違いが生まれます。しかも自動販売機は24時間ずっと利用可能です。中途半端な土地でも、活用次第で十分な利益を生み出せるのです。

環境によっては今後を見据えて高齢者向け施設を建てる

土地の環境が良く、アパートやマンションを建てられるスペースがある場合は、思い切って高齢者向け施設にする、というのもひとつの方法です。高齢化社会へと移行している日本だからこそ、これから需要はますます拡大していくのは誰もが予想できること。同じアパートやマンションでも、車いすでの移動がラクにできるバリアフリーを取り入れるだけでも、十分な需要が見込めます。アパートやマンションでの土地活用で不労所得を得る場合、どんな人に利用してもらいたいのか、ということも視点に入れることが重要です。

まとめ

余った土地を活用して不労所得を得る方法をいくつか紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。どの方法もメリットがあれば、当然デメリットも存在するものです。今余っている土地には何をすれば良いのかわからない、成功するのか不安という場合は、不動産のプロに相談するという手もひとつの方法です。さまざまな視点で考えて、一番有効活用できる方法で不労所得を得てくださいね。

NEW POST

CATEGORY