受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム一覧column

コラム一覧

仕事で成功スパイラルの流れを作る方法

2016年9月22日

スパイラル

「仕事がデキる人」と思われたい、という感情は仕事を持つ方であれば誰しも抱くでしょう。デキる人の定義は職種によっても異なりますが、どの業界であっても成果を出し、企業やクライアントに利益をもたらす人こそが「デキる人」と言えるのではないでしょうか。高い能力を持っているため、成功した体験を活かし、成功し続けられる「成功のスパイラル」を生み出せます。デキる人の行動を真似することで、自分も成功スパイラルを作ることができるかもしれませんよ。

自分の裁量を知る

まずは現状どれだけの仕事をこなせるのか、自分力を正しく知ることから始めましょう。日々どのような業務を行っているのか。新しい業務を任せてもらえているか。など様々な判断基準が思い浮かびますが、重要なのは任せられた業務についてどのぐらい結果を出しているのかに注目しましょう。
上司の視点に立った場合、任せた仕事をしっかりとこなし、新たな仕事を与えたことによって成長する部下にはさらなる仕事を任せていき、様々な経験や知識を与えたいと考えるのではないでしょうか。今、現時点で自分は求められている何%の仕事ができているのかを冷静に考えてみることで、おのずと自分に必要な知識や課題が浮かび上がるはずです。

デキる人の行動を探る

先輩や上司にもデキると言われている方はいるでしょう。仕事に対する時間配分や休憩時間の使い方など、先に様々な方法を試したであろう人のマネをして仕事に取り組んでみましょう。自分はデキると思っている方が良い方法だと思って実行していることが実は効率の悪いことかもしれません。成功スパイラルを自分のものにしたいと考えている場合、自分が経験したことから学ぶだけでなく他人から学ぶという姿勢が重要となるため、デキる先輩や上司などがしていないことは直ちにやめた方が無難です。仕事において効率化を図ることは重要なため、新たな仕事を任された際にはどのような失敗をしやすいのかなど、先に失敗例を聞いておくというのも良い手です。時間を大切にする習慣をつけて求められている以上にスピーディに仕事をこなす努力をしましょう。

知識や経験から新たな裁量を生産する

仕事において必要なのは正確さやスピードだけでなく、他にも重要なことがあります。読書などで知識を増やすということです。例えば、本には知識となることだけでなく、著者の考えなども書かれているため、読書することで他人の経験から学ぶことに繋がります。読んだ本が多くなればなるほど他人の経験や意見を数多く知ることとなり、知らず知らずのうちに知識を高めることができます。最近では、通勤中や休憩時間でスマートフォンを触る方が増加しているため、空き時間で本や新聞を読むということは他者と差をつけることにつながり、ますます成功に近づく確率が高くなっていると言えます。本や新聞で得た知識は仕事に直接つながらずとも、職場や取引先の方などと話すときの話のタネにもなり、輪が広がることにもつながるため、読むだけで可能性は無限に広がります。本を読む時間や新聞などで情報収集する時間がないという方は、仕事でも余裕を持てない人でしょう。時間管理が上手くできるようになれば、それは成功スパイラルの始まりかもしれません。

チャンスが来た時のため準備しておく

何事も初めからうまくいく人はいないため、準備をしていない場合はどんどん新しい仕事を任されるようになった時に失敗が目立つようになるかもしれません。「その日上手くいくかどうかは準備で80%決まる」という言葉があるように、何事にも備えておくが重要です。自分が任された仕事を早めに終え、自分が次に任されるであろう仕事の処理法を考えておくことでさらに一歩前進できます。例えば、資格を持った方が有利に働くだろうと考えられる場合は、まだ資格が必要な仕事を任されていない時から資格取得に励むことも良いかもしれません。努力は力となり、必ず味方となって帰ってくるため、その頑張りが無駄になることはありません。今のうちにできることを一生懸命に努力し、いざという時のために準備しておくということが仕事を引き寄せるたったひとつの方法ではないでしょうか。

【まとめ】

成功スパイラルの流れとは、誰かに用意されるものや運で手に入るものではありません。すべて自分で作って手に入れるもののため、他人に頼る考えを持っている方は捨てた方が良いでしょう。本を読み、知識を得ることで仕事の際に調べる時間など無駄が減る。また、話題豊富になり、人間関係が広がることで知り得なかった情報を知ることができ、さらなる仕事に繋がるなど、自分から意識的に何かを得るために行動することで様々なメリットを生み出します。毎日通勤時間は読書の時間にあてるなど、仕事に対する姿勢を少しずつ変えることでデキる人となる成功スパイラルを作ってみませんか。