受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム コラム一覧

コラム
2017年1月14日

太陽光発電(ソーラー)で不労所得生活を送るポイント

太陽光発電

現在、太陽光発電による不労所得生活が注目を集めています。太陽光発電とは、太陽電池を使って電力を発生させること。かつては不労所得といえば不動産投資がメジャーでしたが、国の固定価格買取制度によって太陽光発電で収益を得る人も増えてきました。この太陽光発電で不労所得生活を送るには、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。太陽光発電のメリットやデメリットを含めてお伝えしていきます。

太陽光発電は安定性がバツグン

太陽光発電によって得られる不労所得は、とても安定性が高いことをご存じでしょうか。太陽光と聞くと天候に左右されるというイメージがありますが、10年単位の長いスパンで考えると安定して予測通りの電力を得られるのです。電力の買い取りは国によって定められている固定価格で行われます。これは再生可能エネルギーの普及促進のために設けられた制度で、1kwあたりの買い取り価格があらかじめ決められています。この固定価格買取制度は表面利回りがおよそ10%程度になるので、たとえば1000万円の設備投資をしたとすると20年後にはおよそ2000万円になることが期待できる計算です。

太陽光発電のメリット

太陽光発電は、不労所得としては不動産収入よりも安定度が高いと言えるでしょう。不動産の場合はかならず入居者がいるとは限りません。空室のまま放っておいては収入にならないのです。さらに、近年は非正規労働者の増加などによって、賃料回収にもリスクがあります。その点、太陽光発電では最初に設備さえ整えてしまえば、あとはわずかなランニングコストで一定の収入を得られるのです。もちろん太陽光発電にもリスクがないわけではありませんが、それは不動産投資のリスクに比べて、とても小さなものだと言えるでしょう。

太陽光発電のデメリット

そんな太陽光発電にもデメリットは存在します。太陽光発電を始めるためには、まず太陽光パネルを設置する場所を確保しなければなりません。家庭用ならば自宅の屋根に取り付けたり、庭に設置したりすることになるでしょう。しかし、その場合は発電量が限定的です。自宅の屋根に取り付ける場合は、自宅の強度も考えなければなりません。太陽光パネルの重量は発電の規模にもよりますが、数百kgから1tになることもあります。自宅の耐久性などを考慮し、メーカーの設置基準を満たせなければ設置できないのです。また、どこかに土地を買って太陽光発電をする場合、広い土地は都心から離れていることが多いため、資産価値も低く、太陽光発電以外の目的で使おうとしてもなかなか扱いにくいという点があります。土地を購入した場合、固定資産税も増えることもデメリットでしょう。さらに大きな問題点としては、将来的に固定価格買取制度が見直される可能性があるということです。2016年時点では存続しているこの制度も、これから先はどうなるかわかりません。政府の方針を注視する必要があるでしょう。

太陽光発電をするために必要なコスト

実際に太陽光発電を行うためには、さまざまな設備などが必要です。そのひとつひとつを見ていきましょう。まずは太陽光パネル。太陽光発電はこれがなければ始まりません。太陽光パネルの価格はサイズやメーカーによってピンからキリまであります。また、太陽光パネルを設置するための架台も必要です。かなりの重量がある太陽光パネルですから、台風などで飛ばされないように架台はしっかりとしたものを使いましょう。続いてはパワーコンディショナーです。太陽光発電では、直流の電気を交流に変換しなければなりません。そのほかにも電圧制御などを行うために、このパワーコンディショナーが必要です。太陽光パネルやパワーコンディショナーなどにつなぐ電気配線をまとめるための接続箱も必須です。これらの初期設備を設置するためには、配送料金や工事費用がかかります。大型トラックで設備を搬送し、屋根の上に架台と太陽光パネルを乗せ、配線工事も行います。さらには発電した電気を電力会社の送電網に接続するための系統連系にも費用がかかります。自宅に取り付ける場合は近くの電線を使いますが、土地を買った場合などで近くに電柱が立っていなければ、料金はさらにかかるでしょう。また、太陽光発電を運用しなくなった後には設備の廃棄や撤去するための費用がかかることになることも覚えておいてください。他にも、設備保全のための費用や、土地を買った場合の固定資産税などは継続して支払うことになります。また、台風や火事などが起こった場合の保険料も考えなければいけません。

まとめ

以上、太陽光発電についてお伝えいたしました。太陽光発電には大掛かりな装置が必要となるため、初期投資がかかることは知っておく必要があります。しかし一度運用が始まれば、国が固定価格買取制度を取り持っているため、安定した収益を上げられるでしょう。地球温暖化が進む昨今、太陽光発電はますます注目を集めています。あなたも太陽光発電で、不労所得生活を送ることを考えてみてはいかがでしょうか。

NEW POST

CATEGORY