受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム一覧column

コラム一覧

人付き合いでの『苦手』を克服するには

2016年8月19日

人間関係

人との付合いは、私たちが生きていく上では欠かすことのできないものです。職場の上司やご近所付き合い、親戚同士の付き合いなど、面倒だなと思っても辞める訳にもいきません。生活する上でお金を稼ぐためには、何かしらの形で人と関わる必要があります。
しかし、苦手と思って人間関係を避けるよりも、克服したほうが楽になるとは思いませんか?そこで今回は、人付き合いに苦手意識を持っている方のための克服法をご紹介します。

人付き合いが苦手、面倒と思う理由は何ですか?

あなたはどんな理由で人付き合いが苦手と思うでしょうか?実は人付き合いが苦手な人、面倒と思う人の多くは、自分に自信のない人が多く、素の自分を出すことができない人が多いと言われています。人から自分がどのように思われているかを気にする、人から傷つけられたくないという思いから、人との距離感を取るようになることが多く、無意識のうちに人付き合いに苦手意識を感じてしまうのです。また、人と接する時に、相手の表情やしぐさを敏感に察知してしまうことが億劫になってしまうこともあります。実は考えすぎである事が多いのですが、自分の発言に対する相手の表情の変化をマイナスなものだと受け取ってしまい、次第に自信を失っていきます。人付き合いの苦手意識を改善するためには、まずは原因に対して何らかの改善策を講じる必要があるといえるでしょう。

聞き役に徹する

人付き合いが苦手でも生きていく中で、人と付き合わない訳にはいきません。
自分から話題を提供して話をするのが苦手という場合は、あえて話を聞く側に回ってみるというのもひとつの方法です。人の話を聞くということは、相手の年齢や性別、相手との関係性を問わず良い関係を築くことができる方法として有効です。聞き役に徹するためには、相手の発言にタイミング良く相槌をうつ、質問するなど、ある程度の会話スキルが求められます。相手が会話の主体となっているので、意見を求められても相手の立場となって答えれば良いのでそれほど難しいことではないと思います。

相手のことを思いやる余裕を持つ

人付き合いが苦手という人にぜひ実践してみて欲しいことがあります。それはちょっとしたことでも良いので、相手に対して感謝し、思いやりを持って接することです。自分を理解して欲しいという思いだけで接すると、伝わらなかった時にストレスを感じてしまいます。逆に相手に配慮する意識で接すると、自然と思いやりの気持ちが生まれてきます。その思いが相手にも伝われば、結果的には良い人間関係を築くことにも繋がります。

人に流されず自分の軸を持つ

人付き合いをしていく中でストレスに感じることとは何でしょうか?
関係を悪化させたくないという思いから相手の意見に合わせる時など、人付き合いが苦手と感じる人が多いようです。他人からの評価を気にして相手に合わせ続けると、自分の意見を言えないストレスを感じてしまうものです。対処法としては、実は他人はそこまで発言に責任を持っているわけではないと気付くことがポイントです。あなたが普段の会話の言葉の全てを熟考するわけではないのと同じく、あなたに掛けられる言葉もさりげないものです。少しぐらい自分の意見を言ったところで、あなたの評価自体が変わるわけではありません。他人の発言はもっとリラックスして受け止め、あなたの考えを正直に述べましょう。あなたが相手を尊重する気持ちを忘れずに言葉を選びさえすれば、他人の意見に無理に合わせる必要はありません。他人の評価を気にせず、自分の意見にしっかりとした軸を持つことは、ストレス軽減にも繋がります。

ありのままの自分で接する

こういう人になりたい、という自分の中の理想の自分像があると思います。人間関係において、そういった自分を演じて無理をしてしまうことがあるかもしれません。しかし、そういった演じながらの人付き合いは、どこか不自然でぎこちないものになってしまうものです。
あなたが人付き合いを苦手だと感じるのは、演じることに無理をして、疲れてしまうからではないでしょうか。人にはいろんな面があり、どの自分も否定する必要はありません。ある意味、人付き合いを苦手と感じている自分も、ありのままの自分の姿として認めることが重要です。その上で、自分らしく他人と接するようにしましょう。まずは自分を認めることが、他人に認めてもらうことにも繋がります。そうすれば、人付き合いにおいて余計なストレスを感じずに済みます。

【まとめ】

人付き合いは奥が深く、時に難しいと感じることが多いもの。どんなに人付き合いが得意な人でも、心の中では大変と感じることもあるのです。だからこそ、人との付き合い方は、相手ではなく全て自分次第という意識を持つようにすると、苦手意識を少しでも克服できるのではないでしょうか。いきなり変わることは難しいかもしれませんが、少しずつ自分らしく接していけるようになれば、仕事やプライベートでの人付き合いが次第に楽しいものへと変化していくことでしょう。