受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム一覧column

コラム一覧

「恥をかくこと」は悪ではない。失敗は経験するべき

2016年11月3日

恥ずかしい

人間には誰しも羞恥心がありますよね。ないと困るものですが、ありすぎても厄介です。自分の羞恥心をコントロールできるようになると、今よりも生きやすくなるかもしれません。
なぜ恥ずかしいと思うのか、どんな時に恥ずかしさを感じるのか、そもそも恥じってなんだろう。そのひとつひとつを分析してみると、ただ漠然と恥ずかしいと思い込んでいたことが整理されて、少しスッキリするかもしれません。ビジネスにおいても、恥ずかしい思いをすることが往々にあるでしょう。しかし、恥ずかしいからやりたくない、と逃げてしまったら成長がありません。逆に、恥ずかしさを克服して果敢に何度もチャレンジする姿は、傍目にもすがすがしく素敵に映ります。羞恥心を味方に付けて、ポジティブに生きるためにはどうしたらいいのでしょうか?

なぜ恥ずかしいと思うのか

人はなぜ恥ずかしいと思うのでしょうか。良くも悪くも、人の目を気にするからではないでしょうか。私たちは人に囲まれて生きています。人との関係性の中で役割を与えられて生かされています。なので、人の目を気にして当然ですが、気にしすぎることはナンセンスです。まず、「人は人、自分は自分」と考えましょう。みんな自分の人生を生きることに精一杯です。つまりあなたが何か失敗をしてしまっても、周囲は自分が思うほど気にしていません。
人の目を気にしすぎて、いつまでも恥ずかしさを引きずることはやめましょう。そのままでは卑屈になりかねませんし、周囲の人もそんなネガティブな空気の方が迷惑に感じるでしょう。

どんな時に恥ずかしさを感じるのか

今までの経験を振り返ってみて、恥ずかしさを感じたのはどんな時でしたか。苦痛を伴う作業かもしれませんが、自分を知るために振り返ってみてください。内容や程度にもよりますが、大体のことは忘れていたり、笑い話になっていたりしませんか。
失敗をしたりドジをしたりして、赤面するほどに恥ずかしかったことだったはずなのに、時が経つとすっかり忘れてしまうことも多いのです。つまり、今思えばそんなに恥ずかしいことではなかったということです。
もし、覚えている恥ずかしかった経験があれば、それらをひとつひとつ分析して、自分がどんなときにより恥ずかしいと感じるのか、そして何故なのか考えてみてください。自分をよく知ることで、羞恥心やその他の感情もコントロールできるようになってきます。

恥とは何か

そもそも、恥とは何でしょうか。「この恥知らずが!」なんて言葉を昔の人はよく使いましたね。これは、世間体を気にしての発言です。こんなことが隣近所、よそ様に知られたら恥ずかしい。この考え方は、主導権が他人にあります。世間体を全く気にするな、というのはなかなか難しいと思いますが、気にしすぎをやめましょう。人にどう思われようが、自分がその時真剣に悩んで考えて、その結果失敗してしまって恥をかいたとしても、堂々と胸を張りましょう。挑戦したから失敗出来たのです。失敗は成功の母とも言います。失敗を恐れて逃げ回っている人より、どんなに勇敢でしょうか!

恥ずかしさを共有する

誰彼かまわずとはいきませんが、信頼できる友人や家族に、自分の恥ずかしいエピソードや失敗談を話してみましょう。心が軽くなるのを感じると思います。恥ずかしいことは、心にしまってしまいがちですが、ずっとしまっておくと心の負担になります。信頼できる人に思い切って話してみると、共感してもらえたり、アドバイスしてもらえたり、笑い飛ばしてくれたり、自分にはない視点で見てくれます。打ち明けられた人も、秘密を共有してくれたことが嬉しく、より信頼関係が深まるでしょう。

恥ずかしさを味方につける

人間から羞恥心を完全に取り除いてしまったら、秩序や常識、マナーもなにもなくなり、この世の中大変なことになります。恥じる、秘める、といった奥ゆかしさをなくしたら、開けっぴろげで図々しく、可愛らしさもなくなってしまいますよね。
恥ずかしさを悪者にせず、味方に付けてしまえば、プライベートでもビジネスでもプラスに働いてくれるでしょう。恥かしさがあなたの魅力のひとつになるのです。恥ずかしいと思った時の心の動きを観察して、それを受け止めて次に活かす、笑い話として披露して周りをワラワセルサービス精神も大事です。ビジネスにおいても、恥ずかしいエピソードや失敗談を持っている人の方が、相談されたり頼られたり、慕われるはずですよ。

まとめ

恥をかくことは、悪いことではありません。あなたをより思慮深く素敵な人に生長させてくれる、人生におけるスパイスです。酸いも甘いも知って、器の大きな人間になることで、人生今よりもっと充実させることができるのではないでしょうか。