受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム一覧column

コラム一覧

セルフコントロールで「デキるビジネスマン」に

2017年1月12日

セルフコントロール

作業が進まずについついダラダラしてしまう。仕事に身を入れないといけないのに誘惑に負けてしまう。そんな人はいませんか? これではいけないと思っていても、だらしない自分を変えるのは難しいものです。それでも、デキるビジネスマンになるためには、自分で自分を抑制する「セルフコントロール」ができなくてはなりません。どんなときでも自分を制御できる人は、なにが違うのでしょうか。デキるビジネスマンになるためのセルフコントロールについて学んでいきましょう。

感情をコントロールしよう

誰しも喜怒哀楽の感情があるものです。イヤなことがあればムッとするし、悲しいことがあれば気分も落ち込みます。しかし、そんな感情を表に出してはいけないとき、自分をコントロールできているのでしょうか。
友だちどうしの会話なら、喜怒哀楽を表現するのは大切なことでしょう。自分が今どんな気持ちでいるのかを伝えることはコミュニケーションの基本です。しかしビジネスの場では、感情を表に出すことはかならずしもプラスになるとは限りません。むしろ、自分の感情を押し殺したり、本当の気持ちとは逆の態度でいることを求められたりするものです。
デキるビジネスマンは、そうした感情のコントロールがうまい人が多いのです。どんなにイライラすることがあっても感情的にはなりません。そんないつでも冷静でいられる人になるためには、どうすればよいのでしょうか。
考え方のひとつとして、一種の芝居のようなものだと思ってみてはいかがでしょう。自分自身はビジネスの舞台に立つ役者であり、感情表現は演技だと思ってください。ここにいる自分は舞台で演じているだけだと考えられれば、きっと自分の感情をコントロールできるはずです。

モチベーションをコントロールしよう

やらなくてはいけない仕事が山積みなのに、どうしてもやる気が出ない。そんなモチベーションの低下はだれにでも襲ってきます。しかし、デキるビジネスマンはそうしたそぶりを見せません。彼らはどうやってモチベーションの低下をコントロールしているのでしょうか。
その秘密は仕事とプライベートのメリハリの付け方にあります。やる気がない状態は、仕事をしている最中でも自分の趣味に時間を費やしたいと考えてしまいがち。そこで、仕事の時間は仕事だけをキッチリとやり、仕事が終わったら思いっきり遊ぶというメリハリを付けることが大切になってくるのです。
仕事をしているときは仕事のことだけを考えて、自分の趣味は仕事が終わったあとのお楽しみと考えましょう。どうしてもやる気が出ないときは、時間を区切って考えるとうまくいきます。今から1時間だけはじっくりとこの仕事に取り組む、その後15分の休憩を取る。そんなふうに自分の中で時間割を決めてしまえば、自然と仕事に集中していけるものです。自分でルールを決めることが、モチベーションをコントロールするための方法のひとつです。

誘惑をコントロールしよう

日常生活のさまざまな場面で襲ってくる誘惑の数々。あなたはそれに勝てると胸を張って言えるでしょうか。仕事を中断させようとする誘惑はたくさんありますが、中でも近年話題になっているのが、情報中毒という誘惑です。それはネット上で見られる情報をずっと追っていたいという欲求です。パソコンやスマホの普及で生まれた新しい誘惑の形は、SNSの発展によりさらに身近になってきました。仕事中なのにTwitterをチェックせずにはいられない。ニュースサイトの新着情報をチェックしたいという欲求に駆られる。掲示板で新しい話題が盛り上がっているのではないかと気になってしまう。ネット上には膨大な量の情報があり、それが日々刻々と新しく更新されていきます。そんな情報が気になって仕事も手につかなくなってしまうと、それは情報中毒かもしれません。
情報中毒を治療するのは簡単なことではありません。専門のカウンセリングなどに通うこともひとつの方法でしょう。もしも自力で治したいのなら、情報を断ち切るだけの意志の強さが必要です。とりとめのない情報を漁っている時間を仕事に費やしていたら、今日の作業はどれだけ捗っていたか考えてみてください。ネット上の情報を見たいという誘惑をうまくコントロールして、デキるビジネスマンになっていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。仕事の効率をアップさせるセルフコントロールは、あなたの意識次第でできることです。仕事への考え方や向き合い方を変えるだけで、きっと自分を制御できるでしょう。どんな仕事であってもセルフコントロールは重要です。感情をおさえて人と接する術を身につけ、モチベーションを高めて、誘惑に負けずに仕事に取り組んでいきましょう。そうすれば仕事の効率も上がり、人からも評価されていくはずです。自分自身のセルフコントロールを意識して、デキるビジネスマンになっていきましょう。