受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム一覧column

コラム一覧

副業初心者が「せどり」で稼ぐためのポイント

2016年10月8日

せどり

副業で稼ぐにはさまざまな方法があります。そのうちのひとつに「せどり」という方法があります。せどりとは、古本や中古のCDやDVDなどを安く買い、より高い金額で転売して利益を得ること。このせどりですが、一部の人々に「いちばん簡単にお金を稼ぐ方法」とも言われる、とても魅力的な副業だということをご存知でしたか?これから副業を始める方のために、せどりの詳細と、上手に稼ぐためのポイントをご紹介いたします。

せどりとは?

本やCD、DVDの知識が豊富な人は、本棚に並ぶ数ある商品のなかから、背表紙を見ただけで高額商品を判別すると言われています。「せどり」の名前の由来は、背表紙を見て購入する=背取ることからきています。以前は、高額商品を見極められるだけの深い専門知識や経験が必要と言われていた副業でした。しかし、現在ではインターネットやスマートフォンの普及により、商品の知識が少なくても、検索ツールで相場の金額や商品の価値を調べることができるようになりました。それにより敷居が低くなり、初心者でも十分稼げるビジネスになりました。安く仕入れて、それを探している人へ高く売る、シンプルなセオリーなぶん、コツコツ努力することで堅実に稼げる副業として知られています。

せどりで稼ぐポイント①仕入れ先はリアルショップで

せどりは、まずは本やCD、DVDの仕入れ先の選定から始まります。せどりで扱う商品を仕入れる際は、ブックオフや、町の中古本屋から購入するようにしましょう。最近のせどりの主流としては、「大手古本ショップで安く仕入れて、インターネットで高く売る」手法が一般的です。まずは自分の家の近所や、会社の近くに古本屋があれば、仕入れ先としてチェックしておきましょう。商品の幅を広げるためにも、そうした店舗をいくつかリストアップしておきましょう。

せどりで稼ぐポイント②仕入れ本の相場を知る

せどりで稼ぐために欠かせないのが、本やCD、DVDを仕入れる際に、市場での相場の値段を正しく知っておくことです。そのための情報収集には、上記でも挙げたとおりスマートフォンが大活躍します。古本屋さんなどで本に目をつけたら、オークションサイトやAmazon(アマゾン)の中古市場・マーケットプレイスで取引されている相場を確認し、それより高かったら仕入れはなし。相場よりも安く売られていたら仕入れるようにしましょう。さらに、「安く仕入れたはいいけど、売れなかった!」ということのないようにAmazonのベストセラーランキングで人気度を確認してみましょう。ここで上位ランキングに入っている本は出品後早々に売れる可能性が高い本です。一般的には30位以内に入っている本は売れやすいと言われているので、ぜひ参考にしてみましょう。

せどりで稼ぐポイント③インターネットに出品する

仕入れが終わったら、次にインターネット上で本を売ります。オークションで売るという方法もありますが、初心者の場合はAmazonのマーケットプレイスがおすすめです。理由は「出品が簡単」で「商品が売れやすい」から。オークションなどに出品する場合は本の写真撮影や、細かな商品状態までわかるような記載をしなければいけません。しかし、Amazonならば自分で写真を撮ったりする必要はありません。まず、売りたい書籍のページに行き、そこにある「マーケットプレイスに出品する」というボタンを押すだけ。間にしっかりとAmazonが入ってくれているおかげで、落札者にこちらの住所や連絡先を知らせる必要もありません。また、購入と同時にクレジットカード決済を利用する場合が多いので、いたずらな入札の心配も少ないと言えるでしょう。

せどりで稼ぐポイント④手数料を正しく把握しておく

通常、一般の人がAmazonマーケットプレイスを利用して売る場合は、「小口出品サービス」を利用することがほとんどです。「小口出品サービス」は月額の使用量が無料な代わりに、一品売れるごとに基本成約料が100円、カテゴリー成約料が60円、販売手数料が15パーセントかかると言われています。つまり、最低でも160円以上はAmazonに支払われるので、そのあたりも踏まえた価格設定を注意しましょう。

【まとめ】

副業としてのせどりを成功させるためには、まず古本屋で本をたくさん見て回ることが大事です。たくさんの本やCD、DVDを観るうちに見る目が肥えてきて、Amazonやオークションを見ずとも、「どんな本らすぐ売れるか」が見極められるようになります。慣れてくれば、仕入れ作業も出品作業も、スムーズにできるようになります。1ヵ月で数万円から数十万円稼いでいる人も多い“せどり”での副業。本好きさんも、そうでない人も、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?