受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム一覧column

コラム一覧

お金が貯まらない理由と解決手段

2016年7月31日

お金と通帳

収入に対して預金が少ない、収入自体が少なくて預金できない。お金に関する悩みは人それぞれです。すぐに収入自体を増やすことは難しくても、お金が貯まらない原因を把握して改善することで、徐々に貯金を増やせるようになることは可能です。ここでは、お金が貯まらない人にありがちな理由と解決手段について考えてみましょう。

お金が貯まらない人はキャッシュフローを把握していない

キャッシュフローとはお金の出入りのこと。会社勤めをしていると、毎月入ってくる収入はだいたい決まっているため、把握しやすいでしょう。変わるポイントといえば、残業代の有無や副業の収入が微妙に変わる程度でしょうか。しかし、支出はどうでしょうか。歓送迎会、保険の支払い、冠婚葬祭、コンビニでの細かい出費・・・と、予測しない・意図していない出費が多々あるものです。

まず出費を把握しよう

お金を貯められない人というのは、収入と支出のバランスが把握できていません。よく言われる『あったらあっただけお金を使ってしまう』タイプですね。毎月どのぐらい貯蓄に回せる額を把握していないため、ついつい使いすぎてしまい、急な出費に対応できずに悩んでしまいます。まずは家計簿をつけ、毎月必ず固定で発生する費用を把握することからスタートしましょう。固定費には、家賃、光熱費、通信費、ローンの支払いや食費などが該当します。出費の把握ですが、家計簿をつけていれば毎月どの項目にどれくらいの金額が出ていくかを把握でき、来月の予算を立てられるようになります。また、予算を立てるときは、何かあったときのための「予備費」を設けましょう。冠婚葬祭など急な出費の際は予備費から出し、使わない場合は貯蓄に回す習慣を付けます。

レシートは捨てずに保管する

家計簿も、毎日つけると面倒に感じてしまうもの。そういう場合は買い物のレシートは、1か月分を保管しておくようにしましょう。週または月に一回まとめて、レシートから毎月何にいくら使っているかを大まかに家計簿に記入することで把握すればよいのです。
お金の流れを把握すると、どこを削ればいいかも自然と理解できてくるかと思います。昼食が多すぎませんか?趣味にお金を使いすぎていないでしょうか?無駄なポイントが分かったら、次の月から改善しましょう。簡単ではないかもしれませんが、地道に続けることで、節約できるものです。

貯蓄は一番はじめに行なう

「余った分を貯金しよう」と考えている人は、お金は貯まりません。お給料が入ったら、貯蓄と予備費に回す分の金額を引いて、余った分でやり繰りできる予算を立ててみましょう。そして、お給料をもらったら、最初に一定額預金してしまいます。
また、予備費と貯蓄は別の口座で管理します。自動引き落としの定期預金を利用するのもひとつの手です。気軽に使えない状態にするなど、無駄遣いを防ぐ環境づくりも重要です。

収入アップさせる

最近では「ワーキングプア」などという言葉も出てくるようになりました。非正規社員が多い中、収入自体が少なくて預金出来ないという人もいるかもしれません。そういった人に関しては、まず年齢ごとに対応も変わってくるかと思います。まず35歳以下の人でしたら、企業が欲しがるような資格をとる事をお勧めします。
自分の適性を文系・理系に分けて考え、その上で自分に合った資格を取るようにしましょう。
文系で事務職ならばワード・エクセルは必須。その上で数字が苦にならないようならば簿記などにチャレンジしてみましょう。できれば会計士やファイナンシャルプランナーなどの資格があればなおよいかと思います。また、理系でしたら、コンピュータ言語を学ぶのが良いでしょう。そういった『強み』となる資格があると、非正規でも仕事が見つかりやすかったり、時給の高い所で働けたりするもの。自分のそれまでの経歴を振り返り、強みは何かを考えましょう。その上で、収入を上げるためには何が必要かを考え、行動に移すことがポイントです。

副収入を作る

しかし、給料をコツコツ預金していっても限度があります。対応策として考えられるのが、副業による新たな収入源の獲得です。これは、ある程度の努力や投資が必要です。副収入の方法については、さまざまな種類があるので、自分に合ったものを調べてみましょう。「やり方がわからない」とあきらめるのは、教えてもらう事ばかりを考えている人。自分で学び、知識を増やして行動しなければ何も得られないと考えましょう。副業を始めるのであれば、メインの仕事の合間や休日を削って、コツコツと地道な努力が必要になります。また、すぐには大きく稼げないかもしれません。そういった意味でも、始めの頃は「投資」が必要となるのです。

【まとめ】

いかがだったでしょうか?お金の問題は、センシティブな悩みのため、なかなか他人には話せないもの。だからこそ、自分自身で強い意志を持って取り組むことが重要になるのです。また、あなた自身がお金にポジティブに向き合い、努力を続けることで、少しずつ生活が豊かになるはずです。まずは悩むよりも、今回ご紹介したポイントを実践することから始めてみてはいかがでしょうか。