受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム コラム一覧

コラム
2016年10月24日

口下手の人がビジネスで成功するために知っておきたいこと

言葉

ビジネスで成功したい、本業も副業も頑張りたい、と考えた時にもっと上手く自分の思っていることが表現できて、交渉や話ができたら、と実現するのではと思われる方は多いと思います。そうして口下手を克服したいと考えた時にまず思い浮かぶのが、話す技術を身に付けること。そういった話術の改善を試みる方が多いと思います。もちろんそういったことも必要なのですが、それ以外にも方法があります。ここではそういった話術も含め、その他にも大切なことに目を向けて、口下手を克服するための3つの方法を紹介します。そしてこれらの方法は、話すことが好きになり、口下手だと思っていた自分を忘れてしまうといった自然な方法です。

口下手であってもいいと開き直る

まず大切なのが、口下手であることを卑下しないことです。本当に口下手であってもそれは自分の個性であって、良い、悪いといった問題ではないからです。
そもそも口下手という定義は何なのでしょうか?話す技術、といえば上手、下手がありますが、話すという行為には相手の存在が伴う行為。解釈の仕方も相手によって違いますから、その上手い下手の基準も定かではないのです。案外口下手というのは自分の基準で勝手に決めたものかもしれません。
そして、口下手であってもいいと開き直りましょう。そうすることで話す時の緊張感が和らぎます。きっと上手く話さないといけない、という思いがあり、それが話す時の緊張感を生んでしまい上手く話せなくなってしまっている可能性があるからです。
さらに開き直ることのいい点は、話すことを躊躇しなくなることにもあります。失敗を恐れなくなるということです。口下手だから、と話さなくなってしまうと、さらに話さなくなりますし、どんどん話すことに自信がなくなってしまうからです。開き直って、どんどん話す機会を増やして練習していきましょう。
上手くなってから話そう、とは考えないことです。そんないつ訪れるか分からない基準のない日はいつ訪れるか分かりませんし、その間にいろいろなチャンスをも失ってしまうかもしれません。そんな日は永遠に来ない、と思ってその時その時が練習。話す機会を自分の成長の場として最大に活かしていって下さい。

相手の話している内容を理解する

では、実際に話をする時のポイントですが、相手が話している内容を理解することに集中しましょう。自分は口下手であると思った時に、多くの人は上手く話さないといけない、何か盛り上がる話題を探さないといけない、と思う傾向にあるのですが、もっと簡単な方法がこれです。このことに集中すると、話す話題や話術は意識していないのに自然にその話とその人に合った話ができます。

その理由ですが、相手が話していることを理解することに集中すると、その理解したいという気持ちから、疑問やもっと知りたいと思うことが自然に出てきます。それを口にするだけでいいのです。そして大切なのが、分からないことや理解できないことがあった時に分かった振りをしないこと。素直に今の言葉の意味が分からなかった、その内容が分からなかった、といった気持ちをそのまま言葉にするだけ。それだけで、相手はきちんと説明をしてくれるものです。あなたがちゃんと、相手の話しを理解したいという気持ちが伝わっているからです。そうしていると相手はあなたが真剣に自分の話を聞いてくれているということが分かりますので、気持ち良く心を開いて話してくれるようになります。逆にあなたが話していることも聞いてくれるようになります。
そんなふうに相手が話されていることを理解する姿勢は、お互いの信頼感を生みますし、そんなあなたの事を相手の方は口下手だとは思わないでしょう。

自分のお手本を見つける

そしてこんな風に話せたらいいな、そんな自分の目標になる人などを見つけましょう。そうすると自分が目指す方向が分かりますので、自分に合ったしかも理想の話し方に近づくことができます。
でも実際にどうやって見つけるのか?一番いいのは身近にそういったお手本になる人がいることなのですが、それは人を見つけるのはなかなか難しいものです。そんな時は本や、インターネット、テレビを活用しましょう。
本であれば自分が共感できる考え方をされている方の本や、目的に沿ったテーマの本を読むといいです。例えば本業も副業も頑張りたいのであればビジネス本とか、成功している人の本を読むなどです。それらの本にはビジネスに必要な用語がでてきますし、そして考え方や知識も身に付き、一石二鳥です。
そして、それらを声に出して読むこともおすすめします。そうすると実際にそういう場面になった時にはスラスラと言葉が出てくるようになっています。
他にも、映画やテレビも上手に利用するといいです。きちんと話したいのであれば何かを解説しているチャンネルや番組を選ぶのです。そういったチャンネルや番組で使われている言葉は実際に役立つ言葉ばかりです。
本と同じように知識もしっかり身についています。そういったことを考えると、興味がある分野、これから目指す「もの」や「こと」を意識して探して選ぶといいです。楽しくなりますから。

まとめ

いかがでしたでしょうか?以上が口下手の人が本業も副業も頑張りたいと思った時に知っておきたい口下手を克服する方法です。
ポイントは、自分は口下手だと思った時に、ほんとうにそうなのか?と疑ってみること。たまたま上手く話せなくて通じなかった、誤解が生じた、そういった経験がトラウマとなって、話すのが怖くなっているだけなのかもしれませんから。
そして、自分のお手本を見つけて、一緒に知識も取り入れていきましょう。そういったことをしているうちに自分が口下手だと思っていたことも忘れて、上手くコミュニケーションが取れるようになっています。そして、その結果は必ずいいものになります。

NEW POST

CATEGORY