受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム コラム一覧

コラム
2016年8月10日

副業は本業への意欲をアップさせる?意外な効果とは

モチベーションのイメージ

会社員として企業に勤めていても、副業を密かに行っているという人は年々増えていると言われています。会社の就業規則などで副業が認められていない場合でも、副業をする人があとを絶たない背景には、景気の悪さが影響しているのかもしれません。また、インターネットが発達したことにより、働き方の幅が広がり、副業を始めるハードルが下がっていることも要因のようです。そんな副業ですが、本業への意欲をアップさせる効果もあることをご存知でしたか?いったいどういうことなのか、副業のもたらす意外な影響についてご紹介いたします。

副業は自由に仕事できる

一生懸命働く人なら、多少の行き詰まりを感じたことがあるはず。仕事の内容、労働環境や給与に対する不満など、ふとした時に不安感を覚えることも少なくないでしょう。
そんな時こそ、忙しさや大変さを緩和させるために、副業に打ち込んでみることをおすすめします。なぜなら、副業はあくまで自主的に行うものなので、無理をする必要がないからです。また、本業と違い、嫌だと感じれば辞めることも簡単ですし、上司に縛られる必要もありません。しかも副業は、やった分だけ自分の収入に繋がるのです。何か自分の楽しいと思えること、好きなことを副業にしてみてはいかがでしょう?好きなことで収入を得られれば、副業の時間が楽しみになるはず。さらにストレスを相殺できれば、日々の生活に良い効果をもたらしてくれるでしょう。

趣味を副業にすれば実益を兼ねる

副業をしてみたいと思ったら、楽しいことや好きなことを副業に選んでみましょう。最近では趣味で作ったものをインターネット上で公開し販売している人も多くいます。例えば、プラモデルや裁縫が好きな人は、製作したものを出品してみてはいかがでしょう。副業に趣味と実益を兼ねるものを選ぶことによって、仕事をしながら楽しい時間を過ごせます。日々感じる精神・肉体的な疲れが和らぎ、生活に潤いを与えてくれるでしょう。副業は辛いことではなく、楽しいこと、好きなことを選ぶことをおすすめします。

いざというときに副業があれば安心

本業のように稼げないとしても、副業の収入は生活に潤いを与えることに間違いありません。現代の不景気の中、終身雇用制度は崩れつつあります。どんな大企業に所属していようとも、倒産やリストラのおそれは現実的なものとなっています。何かひとつでも副業があれば、仮に失業したとしても収入ゼロになることを防げます。そう考えるなら、仕事や生活の安定に対するひとつの不安がなくなります。無用な保身に走る必要がなくなるので、違った視点からどうすれば稼げるか考えられるようになり、本業へ取り組む姿勢にも良い影響を及ぼすようになります。

本業と同じ業種の副業で相乗効果も期待できる

基本的には本業とは異なる副業を選ぶことで、思わぬ才能の発見や、リフレッシュに繋がるなど良い効果を得られる場合があります。一方で、本業の経験を活かせる副業を選ぶことで、相乗効果を得られる職種も存在します。仕事での自分のスキルを磨いていきたい、という場合は、ぜひ自分の技術や経験を活かせる副業を選択しましょう。特にデザインやエンジニアなど特殊な技術が必要な仕事をしているという人は、自分の技術力や経験を活用できる副業で、スキルアップや人脈を広げることに繋がります。結果的に、副業をしたことで本業の仕事にプラスになる場合もあるのです。

あくまで最初は「不満の解消」を目的に

本業の給与アップや昇進には時間が掛かる場合がほとんど。たった1万円の給料を上げるだけでも数年頑張り続けなくてはいけないことも珍しくありません。そういった状況に不満を持つ人が多いからこそ、副業を始める人が多いのでしょう。しかし、意外に稼げるからといって、すぐに転職やフリーランスとして独立の道を選ぶことは考え物。副業として仕事をするからこそ、新たな発見や達成感、高い報酬を得られる、という側面があるからです。よほど副業で稼げる自信がないうちは、本業を続けることをおすすめします。あくまで本業の仕事だけでは手が届かない、ちょっとした不満を解消やリフレッシュしながら報酬を得られるところに副業の楽しさや面白さがあるからです。副業をいずれ本業に、と考えている方はタイミングや自分の技術力について、慎重に考えるようにしましょう。

【まとめ】

今回は「副業は本業への意欲アップに繋がるか?」という視点でさまざまなポイントをご紹介しました。副業を持つ社会人がどんどん増えている現代。本業をおろそかにするのではなく、本業への意欲を向上できる副業を見つけられれば、仕事に対してもっと達成感を感じられるようになるでしょう。上手に本業とのバランスを保てる副業を見つけたいものですね。

NEW POST

CATEGORY