受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム一覧column

コラム一覧

ライフステージに合わせた不労所得:50代編

2016年12月11日

50の蝋燭

不労所得で収入を得られる方法はさまざまです。
学生やサラリーマン、OL、主婦、さらには会社経営者などさまざまな職業をしながら働かずに収入を得たいと考えている人が増えています。中でも不労所得で収入を得たいと考えている人が多い年代は定年があと少しまで迫ってきた50代が増えているようです。
今回は50代の人のライフステージに合う不労所得で収入を得る方法について解説します。

50代のライフステージとは?

ライフステージとは幼年期、児童期、青年期、壮年期、老年期など人生の中での段階のことを言います。入学、卒業、就職、結婚、子供の誕生、退職などの節目ごとにステージで分けることをライフステージと呼びますが、50代とはどのようなステージなのでしょうか。
50代は壮年期になり、一般的にサラリーマンであれば役職も上がりお給料も安定して、主婦であれば子供も手がかからなくなり自分の時間を楽しめるようになる時期ではないです。
最近では定年を待たずに50代で引退したいと考える人も多いようです。しかし、引退するとなると問題はお金ですよね。50代での引退を考えている人もそうでない人も働かずに不労所得を得られればいいと思いませんか?家賃収入やネットビジネスなど50代の人にぜひ知って欲しい不労所得の作り方をご紹介します。

家賃収入で不労所得

今の50代の人たちは好景気な時代から、バブルが崩壊するまでの時代を経験しています。
定年も近づいてくることから第二の人生について考えだす年代ともいえます。そんな50代の人におすすめなのが家賃収入を得るために賃貸アパート、マンションのオーナーになることです。「この年でリスクのあることはしたくない」「今更アパートやマンションを購入するなんて」と思うかもしれませんが50代の方におすすめするのには理由があります。50代といっても日本人の平均寿命を考えればまだ30年以上の人生があります。家賃収入が定年後のお金の心配をなくしてくれるかもしれません。子供の学費を払い終え大きな出費は減りますが、定年後の年金生活には不安があるのではないでしょうか。そこで、50代の間に賃貸アパートやマンションを購入しておくと比較的ローンの返済がスムーズですし、ローンの返済が終わったら不労所得が年金生活を助けてくれます。

家賃収入で早期リタイアを目指す

同じように家賃収入で早期リタイアを目指していても、家賃収入で生活が成り立つ人と家賃収入を得るために購入したマンションの家賃収入よりローンが上回って赤字になってしまう人もいます。その違いはまず、物件の選び方にあります。成功する人はしっかりと先を読んで物件を選んでいます。アパートやマンションは新しい方がいいと少々高くても新しい物件を購入してしまうよりも、成功している人は中古のまだリフォームをしていない物件を選ぶ人が多いのです。
その方が安く購入できて、リフォーム方法も自分で選べるので低予算に抑えられます。そうすれば、ローンの返済も低くなるでしょう。このようにいい物件を見極める方法は前もって調べておきましょう。

シニア世代におススメのアフィリエイト

50代で今までやったことのないアフィリエイトをできる自信もないし、そもそも稼げないと思っている人が多いのではないでしょうか。しかし、最近のアフィリエイトを含めたネットビジネスはとても充実しています。アフィリエイトを始めるのも実に簡単です。ブログを開設してASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)と契約するのが一般的なやり方です。ネットを使ってビジネスなんて難しいという印象があるかもしれませんが、登録も手順通りに進めていけば簡単にできます。あとは、ブログを見ている人が興味を示してくれるような記事を頻繁に書いていけばアクセスも増え収入も増える仕組みです。慣れないことをすると最初はすごく難しいことに感じるかもしれませんが、慣れれば単純な作業なので、簡単に思えるでしょう。

不労所時を得るときの注意点

ネットビジネスで不労所得を得ることは、50代でも20代でもできます。軌道に乗れば自宅にいながら月に30万円もの収入を得る人もいるビジネスですから、そうなればネットでの収入だけで生きていける金額です。すると、50代での引退を目指しているシニア世代の人はネットで稼げるようになったからと仕事を辞めることを考える人が少なくありません。
しかし、ネットビジネスで生活できるほどの収入が数カ月続いたとしてもそのままずっと安定するとは限りません。しばらくは仕事を続けながら様子を見るようにしましょう。

まとめ

定年後の生活をリアルに感じ始める50代、お金の心配はしなくていい生活を送りたいですよね。仕事を引退したら、趣味の時間や今まで行けなかった場所に旅行で行くなどゆったりとした時間を過ごしたいと思うなら、不労所得が作れると充実した生活が送れるでしょう。
最近ではネットでのビジネスは思っているより身近なものになっています。「できない」と思わずに、まずは行動することが重要です。