受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム コラム一覧

コラム
2016年12月9日

ライフステージに合わせた不労所得20選

家族

不労所得という言葉から、働かずして収入を得るということには変わりはありませんが、ライフステージは変わっていきますよね?そんなライフステージに合わせて不労所得を得る方法を考えると、その時の状況に合った収入を得られます。ここではそんなライフステージに合わせた不労所得20選を紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

①不動産所得

家賃収入として毎月決まった金額を得られるので安定しています。安定した収入を得るまでが大変。しっかりと調べて、ポイントをおさえて始めましょう。何も知識がない方でもポイントやコツをおさえて収入を得られます。

②株式投資

成長が見込めそうな株式会社に投資。その会社が利益を出せば配当を受けられるという方法です。常に投資した会社の経営状況や社会情勢などを意識しておく必要があります。

③Naverまとめ

「Naverまとめ」というホームページにまとめサイトを作る方法。人が興味を持ちそうなテーマをコピペするだけでまとめ記事が作れます。自分が作ったまとめ記事にアクセスが入るとお金が入るシステムになっていますが、100アクセスで1円くらいの収入にしかなりません。

④YouTubeからの広告収入

YouTubeに動画を投稿し、広告収入を得るという方法です。そのYouTubeを誰かが見て再生すれば、1再生あたり0.05~0.1円くらいの広告収入が得られます。人気動画として数十万再生されなければ、定期的にまとまった収入を得るのは難しいでしょう。

⑤アフィリエイト

特定の会社の商品などを自分のブログやメルマガで紹介。誰かが商品を購入したら、その売上の手数料がもらえるというもの。報酬は、数%から数十%と商材によってさまざまです。在庫管理をする必要がありません。しっかりと仕組みを作っていけばしっかりとした収入を得ることが可能です。

⑥駐車場経営

使っていない土地を駐車場として貸して不労所得を得る方法です。何か特別なメンテナンスをする必要がありません。月極めなど定期的に貸せば、安定した収入を得られます。

⑦イベントスペースに空いた部屋を貸し出す

空いた部屋をイベントや催しをする場所として貸して収入を得る方法。使っていない部屋を貸すだけですので、自分の予定に合わせて時間や日数を合わせられます。

⑧遊休不動産で不労所得を得る

家の軒先に自動販売機を置いたり、ガチャガチャを置いたりすることによって収入を得る方法です。遊休不動産がなくても、親戚や近所の軒先を無料や安く借りて、自動販売機やガチャガチャを置くといった方法で簡単に不労所得を得られます。

⑨本を書く

本を書く、読むのが好きな人であれば文章にして収入を得られます。本になり売れれば、印税が入ってきます。
投稿先を掲載された本や、インターネットなどで情報を入手して投稿してみましょう。

⑩翻訳

語学力を生かせます。得意な分野に関わる仕事でその報酬として、不労所得が生み出せたらやりがいも。英語はすでに翻訳をしている方が多いので、それ以外の言語や翻訳する本の種類を選びましょう。

⑪代筆

「ゴーストライター」と言われるもの。有名人や芸能人のゴーストライターになれれば、その本が売れることによって、印税が入ってきてその収入の一部をもらえます。

⑫漫画家

漫画が書けるのであればおすすめです。この方法も本になって売れれば印税として収入が入ってきます。何といっても漫画が好きな人には、たまらない趣味と実益を兼ねた不労所得と言えます。

⑬メールマガジン

メールマガジンを自動的に売って収入を得られる方法です。
メールマガジンは、登録制。一度登録をしてくれた読者には解除をされるまでは定期的に自動で送れる仕組みになっています。安定した収入を得られます。

⑭システム利用料

チャットワークやDropbox、Sugar SyncなどのWeb上で働くシステムで、毎月のシステム利用料として不労所得を生み出せます。カスタマーサポートを組織化するなど、競合サイトに合わせて機能を追加する必要がある場合も多いです。

⑮Web制作ソフトの利用料

近年ではホームページはiPadなどのタブレット、iPhoneなどのスマートフォンでの表示に対応する必要があります。そういったホームページを作るためのWeb制作ソフトを作りシステム利用料で不労所得を得るという方法です。

⑯コピーライティング

インターネット上で何かを販売する場合に書く文章、セールスコピーを書くことで不労所得を作る方法。書くことが好きで、営業が好きな方向き。しっかりと文章を書くスキルを磨く必要があります。

⑰コンサルティング収入

年商1億円以上をあげているような大きさの会社にコンサルタントとして契約。セールスやマーケティングなどを指導し、増えた利益の何割かを報酬としていただく方法です。
経営に興味がある、自分のコンサルティングを売るスキルとクライアントに行動してもらうリーダーシップがある人向きです。

⑱ネットワークビジネス

手軽にできる半面失敗する人が多い方法。始める前にどんな内容でどんな仕組みなのかよく調べましょう。データでは赤字になっている人が97%、一万円以上稼げているだけでトップ3%に入るような世界で、月収100万円を超えている人は1%もいないようです。
よく聞く方法ですが、成功例は少ないと思っておいたほうがいいでしょう。

⑲役員報酬

自分が出資、経営者を雇って会社を作り、役員報酬をもらう方法。自分の会社を年商1億円くらいまでに持っていけるだけの経営能力があるならばおすすめです。
売り上げをあげるためのセールスやマーケティング力、人事や法務、ファイナンス、リーダーシップなど会社経営するのに必要な力がひと通り必要です。

⑳FX

これは為替変動によって生まれる収入。少額から始められます。
そして、インターネット環境があれば24時間いつでも取引ができます。携帯やスマートフォンから5分だけ取引など手軽にできます。

まとめ

以上がライフステージに合わせた不労所得20選です。今では多くのこういった不労所得を作れます。そしてその方法選びはライフステージによって違ってきます。自分のライフステージに合った不労所得を選んでいきましょう。

NEW POST

CATEGORY