受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム一覧column

コラム一覧

副収入としての「土地活用」のポイントとは

2016年7月28日

家と計算機

もともとどこかに土地を所有していて固定資産税だけを支払っている方はいませんか?それは本当にもったいないですよね。少しずつ土地活用を踏まえてはじめてみることをオススメします。また、現在土地を所有していないという人も、副収入としての「土地活用」のポイントを是非おさえておいてみてください。今後の参考にして頂けたら嬉しいです。

アパートやマンションを建築して家賃収入を得る

土地活用でポピュラーな方法といえば、アパートやマンションを建築して家賃収入を得ること。入居者が途切れなければ、ずっと安定した家賃収入を得られます。アパートやマンションを建築するのにそれなりの初期費用が必要ですが、物件の管理をきちんと行ない、入居者がいれば安定した家賃収入を得られる点では、副収入にピッタリのビジネスです。
どういう土地かによって、アパートやマンションの種類や規模も大きく変わるので、事前にしっかりとしたリサーチが必要です。

最近増えている駐車場経営

道路に面している土地を所有している場合は、駐車場経営を検討してみてはどうでしょう。駐車場経営は、土地の狭さや形に左右されることがないため、一定の土地があれば気軽に始められることがメリットです。マンションなどに比べて更地に戻すことも比較的容易です。一口に駐車場といっても、多層構造の大型駐車場から、設備を備えたコインパーキング、舗装せず駐車スペースにロープを渡したものまでさまざま。
どの種類の駐車場にどのくらいの需要があるのかは、土地によっても違いがあります。ですが、都会だから田舎だからと関係なく、駐車場を利用する人は想像以上に多いようです。

高齢者住宅の運営

高齢化社会が深刻化している今、高齢者住宅には高い需要があります。アパートやマンションの場合は、立地条件が入居者に左右されます。しかし、高齢者住宅の場合は、立地条件はそれほど重要ではないようです。そのため、立地条件が微妙な場所に土地を所有しているという場合は、思い切って高齢者専用住宅を運営していくという方法も。こうなると副業よりも起業に形になりますが、土地の運用としてはとても良いアイデアといえるでしょう。
高齢者住宅は税金の軽減や免除を受けることもできます。それなりの初期投資は必要不可欠なので不動産業者など複数社と交渉し、一番条件の良いところと契約するようにしましょう。いずれ副業から本格的なビジネスに切り替えたいと思っている方にはピッタリではないでしょうか。

太陽光発電施設の売電収入を得る

土地は持っているけれど、人が住むような立地でない場合や、これから土地を購入しようかと検討している場合は、あえて太陽光発電を設置してみるという方法もあります。
これは、太陽光発電事業といって、大きな副収入を生むと注目されている方法のひとつです。土地にソーラーパネルを設置して電力を作り、電力会社に買い取ってもらうことで収入を得ます。いち早く始めている人の中には、本業以上の収入を得ているという方も出てきています。今ならまだ大きなビジネスチャンスとして取り組んでみても良いと思います。空いている土地があるなら、太陽光発電の機器を設置して売電収入を得てみるというのもいいですね。

土地活用のプロに委託する

いくつかの土地活用の方法をご紹介してきましたが、一番堅実で最善な方法はやはり土地活用のプロに委託すること。これだと、細かい手続きを自分の手で行う必要がなく、今ある土地を一番良い方法で有効活用できるようサポートしてもらえます。専門的な観点から土地についてのリサーチを行うので、失敗するリスクを抑えられます。注意すべきポイントは、良い土地活用業者に委託すること。複数社の土地活用のプロと打ち合わせ、一番信頼できそうな業者を選ぶことが重要です。業者を選ぶ上でも、自分なりに土地活用についての勉強も必要となることは間違いないですね。

【まとめ】

副収入としての土地活用のポイントをいくつかご紹介してきましたが、興味の湧く土地活用の方法は何かありましたか?安定的な副収入を得る方法を考えていると、自然と楽しくなってくるはずです。初期投資や、それをいつまでに回収するかの計画など、土地活用には考えるべきことがたくさんあります。大切な土地を上手に活用できるよう、慎重にリサーチを行ないましょう。