受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム一覧column

コラム一覧

自分が求めるライフスタイル実現のためにやるべき事

2016年10月17日

ジャンプする

あなたが理想とするライフスタイルとはどんなものでしょうか?起業して成功すること?出世して安定した地位を手に入れること?それともお金持ちになること?求める未来や夢は人それぞれですが、何もしなければその夢は叶えられません。ここでは、自分が求めるライフスタイルを実現するためにやるべきこと、そして前向きに未来へ向かうための思考の持ち方について紹介していきましょう。

常に物事を「逆算思考」で考える

成功する人はいつでも「逆算思考」で物事に取り組んでいます。「こうなりたい」という目標を決めたら、実現までの道のりを逆算して計画する習慣を身につけています。そして、そのゴールまでに必要なことを順番にリストアップして、行動に移します。なんとなく目標を目指すのではなく、実現のために必要な行動や知識を考え、必然的に成功するやり方を身に着けるようにしましょう。

理想の自分を想い描くこと

人生において常に夢を持つことを忘れてはいけません。もし「理想の自分像」が明確に浮かばないなら、「幸せの境界線」というワークをやってみましょう。やり方はとっても簡単。紙を用意したら真ん中に一本横線を引きます。そして、上には「こうなったら最高に幸せだ」と思うことをどんどん書いていきます。線の下には逆に「こうなったらイヤだな、不幸だな」と思うことを書いていきます。そうすることで、自分が求めている未来やライフスタイルが自然と見えてきます。

仕事を味方にすること

ほとんどの人が、学校を卒業したら就職します。そして人生の多くを仕事のために費やすこととなり、自由な時間もされるようになります。どうせ多くの時間を費やすなら、仕事を「嫌なこと」ととらえるのではなく、「楽しいこと」に置き換えてみてはいかがでしょうか?これはあながち大げさなことではありません。どんな仕事でも多かれ少なかれ、あなたが働くこと自体が一種の社会貢献となっており、「仕事=喜ばれること」の法則が成り立っているのです。そう考えると、何だか仕事へのやりがいもアップし、仕事も楽しいものになるのでないでしょうか?

若いうちに学ぶこと

10代から20代の若いうちに学ぶことはとても大切だと言われています。特に就職して社会に出たばかりの20代は「投資の世代」とも言われており、とにかく学んで成長する時期。30代後半~40代になって、20代の頃のように学ぼうとしたら、数倍の時間や労力が必要となります。そして若いうちは学ぶだけでなく、どんどん行動を起こすことも大切。そうすることで輝かしい未来と理想的なライフスタイルへの道が近づいてくるのです。

主体性を持って成長すること

理想的なライフスタイルの実現には成長し続けることも必要不可欠です。
成長を続ける人間の特徴として、自分に対しても相手に対しても素直であること、人の意見を聞く姿勢を持っていること、そして「主体性」があることが挙げられます。
自分の周囲で起きていることには、すべて自分の責任であるという思考を持っていることから、責任感も強くなり、トラブルの際も積極的に解決策を模索します。
誰かのせいではなく、すべて自分の責任であるという主体的な思考を持っている人は、成長も早く、周囲にも頼られる人に成長できるのです。

団体で群れないこと

あなたがもし、何か新しいことをしようとした場合に、足を引っ張る人たちが出てくるかもしれません。当然、自分に達成したい目標がある場合は、このような人たちと離れるべきです。仲の良い集団で行動することは、とても心地が良いかもしれません。しかし、そういった群れのなかで馴れ合うことは、あなたの成長を妨げる場合があります。成長したければそのグループから離れる勇気を持ちましょう。新しいことに積極的にチャレンジをすることで、理想のライフスタイルを手に入れることができるのです。

始めの一歩を踏み出す勇気

新しい何かを始める場合、最初の一歩を踏み出すのはとても勇気のいることです。「明日始めよう」、「そのまた次の日に始めよう」と行動を先送りにしている人は、大きなチャンスを逃してしまいます。自分が求めるライフスタイルを実現したいなら、思い立ったことはすぐに実行することが大切です。成功と言うのは「できるか、できないか」ではなく、「やるか、やらないか」で決まるということを心に刻んでおきましょう。

まとめ

自分をコントロールできる人が、理想のライフスタイルを実現できます。成功した人は、根底に「自分が行動することで状況を切り拓く」という思考を常に持っています。より豊かな人生を送れるように、上記のマインドを意識しながらビジネスに取り組むようにしましょう。