受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム一覧column

コラム一覧

住宅ローンを滞納してしまった時の法的手続き・対処法は?

2016年8月6日

請求書とお金

やむを得ない事情があって、住宅ローンの支払いを滞納してしまった場合はどうすれば良いでしょうか?もし今後も払い続けることが困難な時、今だけどうしても払うのが難しいという時など対処方法には違いがあります。住宅ローンの滞納は、そのまま放置してしまうと大変なことになりかねません。法的手続きなど弁護士に依頼が必要ない場合もあるので、焦らず正しい知識の元で対処していくことが大切です。今回は、住宅ローンの滞納についての対処法や法的手続きについて紹介していきます。

売却?それとも売らずに解決?

住宅ローンを複数回にわたって滞納し、これからの支払いが困難な場合、住宅はそのまま売却しなくてはいけないのでしょうか。それとも売らずに解決させる方法があるのか困りますよね。このまま住宅ローンの支払いが困難で払うことができないという場合は、任意売却という方法で住宅を売却する手続きに入ることをおすすめします。しかし、大変なのはここ数ヶ月でそこを乗り越えればなんとかなるかもしれないという時には、売らずに解決する方法がいくつかあります。代表的なものとしては、以下の2つが挙げられます

・金融機関に相談して返済計画の組み直しをしてもらう
・法的な「個人再生」で債務を住宅ローンだけを残す

どの方法が一番良いのかは専門家である弁護士に相談するなどして最善の方法を選択することが大切です。

住宅ローンの滞納をそのままにしておくと大変なことに!

住宅ローンの滞納は放置しておくと法的手続きが開始され、あっという間に競売にかけられてしまい家を失うという事態に陥ってしまいます。競売にかけられてしまった場合、市価の半額以下という価格まで買い叩かれてしまうという事態に。住宅を手放さなくてはならないと判断した場合は、少しでも早く任意売却の手続きをすすめることが重要となります。手放すと決めたら少しでも高い金額で売却できるような努力を怠らないようにすることと、法テラスなどの無料相談に出向いて最善の方法を見つけるようにすると安心です。

法的手続きを受ける前の対処法

法的手続きを受ける前にできる対処法としては、まず現在の経済状況がどういったものになっているのか、今後の支払いの見通しを、正直に金融機関に相談しましょう。法的措置の執行は、住宅ローンを滞納しているのにも関わらず、連絡などの対応を怠った場合がほとんど。最善の方法を模索したけれども、結局は住宅を手放す場合でも、金融機関側から法的手続きを受けるということはありません。一番いい形での売却、支払い方法を金融機関と相談できる関係を築くことが大切なのです。

支払い計画の見直しとリスケジュールの相談をする

今まで通りに住宅ローンの支払いが困難な場合は、できれば住宅ローンを滞納する前に相談することをオススメします。住宅ローンは、支払い期間がとても長いため、支払い困難な時期がやってくることも珍しくありません。そのため、金融機関側もさまざまな救済措置を用意しているものです。一時的に支払い困難な場合は、支払い計画の見直しを行う「リスケジュール」という方法があります。どのくらいの期間支払いが困難なのか、利息分だけなら支払えるのか、数ヶ月後にはまた通常とおり支払いを開始できるのか、などを正直に相談してみましょう。その情報を元に、金融機関では支払い計画を見直してくれることもあるのです。こういった相談は早ければ早いほどよいので、先の見通しが立たなくなってしまった、一時的に支払いが難しいと判断したらすぐに相談するようにしましょう。

どうしても支払えない場合は任意売却を検討

住宅ローンの支払いを様々な視点で模索したけれども、どうしても支払いのめどが立たないという場合や、これから先も住宅ローンを払っていくのは無理と判断した場合、すみやかに任意売却の手続きを進めていくようにしましょう。任意売約は、強制的な競売とは違い、適正な価格で住宅を売却できます。住宅ローンの全てをまかなえるかは物件にもよりますが、競売で住宅を手放すよりも高額で売却となります。任意売却を行なう場合は、信頼できる専門家を探して相談しながら進めるようにします。

【まとめ】

住宅はとても高い買い物。一生ここに住みたいという思いで購入したものですが、どうしても住宅ローンの支払いができなくなることも少なくありません。そういう万が一の事態に、陥ってしまった時には、まず、早い段階での金融機関へ相談しましょう。住宅ローンの滞納は、思った以上に大変です!あっという間に競売にかけられて住宅を失う前に、今できる最善の方法で対処しましょう。