受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム一覧column

コラム一覧

不労所得でライフスタイルは劇的に変わる

2016年11月21日

ライフスタイル

景気が良くなりつつあると言われてはいるものの、実際の生活を見てみると全く変化がないという人や、逆に景気が悪くなっている気がするという人も多いのではないでしょうか。ひと昔前のように、本業のみで生活するのが当たり前の時代から、不労所得など副収入を実現したいという人が増えています。不労所得を得られるようになるとライフスタイルはどの位、劇的に変化していくのでしょうか。不労所得で得ると仮定した金額別に劇的に変わるだろうライフスタイルをご紹介いたします。

月1~3万円の不労所得でできるプチぜいたく

不労所得を得てライフスタイルを変えるためにはさまざまな方法がありますが、まずはその第一歩として月に1万円を目指してみてはどうでしょう。1万円という金額を設定した理由は、サラリーマンとして働いている人が1年後に昇給する金額の平均分をまずは1カ月で稼いでしまうことです。月に1万円の不労所得ができた場合、年間にすると12万円。結構大きな金額です。そして月に1万円を達成できたら、月に3万円を目指すのです。3万円といえば、家族を持つ一般的なサラリーマンのお小遣いと言われる金額。この3万円のお小遣いには、毎日の昼食代やタバコ代が込みになっている人が多く、現実的に趣味など自由に使うことのできるお金はほぼないものだと言われています。不労所得で月に3万円を稼げるようになると、本当の意味で自由に使える金額が3万円に。好きな趣味を満喫する、コレクションしたいものを購入するなど自由になるお金が増えて、プチぜいたくも簡単にできる暮らしが待っています。

月5万円の不労所得は、基礎年金額と同じ!

月に3万円のお小遣いと同じ不労所得を得られるようになったら、次は月に5万円を目指します。この月に5万円という金額は、年金を受け取れる年齢に達した時の基礎年金額と同じです。5万円だけでは生活できませんが、将来年金をもらった時のことを想像できるでしょう。自分で自由に使えるお小遣いが5万円あったらどうでしょう?
かなり夢が広がりますよね。単においしいものを食べる、欲しいものを購入するというプチぜいたくだけではなく、将来のために資格を習得したり、学習するための投資に使ったりしてはいかがでしょうか。お金では得ることのできない豊かさや充実感を得られる金額です。

月7~10万円の不労所得はリッチです!

月に5万円の不労所得を得られるようになったら、さらにリッチになれるように7万円~10万円の不労所得を目指してみましょう。月に7万円~10万円というと、ちょっとしたアパートやマンションを借りられる金額です。また住居を購入した場合の、ローン返済の金額と同じくらいの金額ではないでしょうか。7万円~10万円が自分のお小遣いとして自由になったら、本当の意味で何の我慢の必要もないくらいの生活を送れると思います。付き合いの飲み会でお金の心配をする必要もなく後輩にも気前よくごちそうできますし、忙しい時期には差し入れも余裕でできちゃいます。ここまでくるとサラリーマンとして時間に追われてお金もない生活ではなく、仕事が忙しいけれどお金はある余裕を感じてしまうのが本音になってくる金額だと思います。

月20万円の不労所得は大卒初任給と同じ?!

月に10万円の不労所得が実現すると、倍の20万円を獲得するのは比較的容易でしょう。
そして、月額20万円は大卒の初任給とほぼ同じ。つまり、本業を辞めて副業1本に絞ることも視野に入る金額といえます。万が一突然失業しても、当面の生活費はカバーできるからです。また、生活費に悩まないぶん「何をして生きていくか」をあらためて考えるようになっていきます。

月30万円以上の不労所得があれば

不労所得が順調に増え続け、月に30万円の不労所得を得られると、30代でサラリーマンとして継続して働いている人のお給料とほぼ同じくらいの金額となり、毎月会社からのお給料にプラスして30万円という金額が入ってきます。今現在のライフスタイルを続けている中でさらにプラス30万円という生活は生活水準が大幅にあがってしまいますよね。よほど浪費することがなければ、比較的高水準のライフスタイルを維持しながら、家族全員が生活していくことも十分可能です。そして、不労所得で月に30万円という金額を稼げるようになると、さらにそれ以上の金額が稼げるようになるのも夢ではなくなると言われているのです。

まとめ

サラリーマンとして忙しく働いていても、給料は大きく上がることはないだろうと悲観的に考えている人が多い現代では、サラリーマンとして給料をもらいながら、副業で不労所得を作ろうと頑張っている人が多くいます。そして、不労所得を少しずつ積み上げて大きな金額になっていくと劇的にライフスタイルは変化していきます。いきなり30万円、50万円という金額を目標にするよりは、少しずつ積み上げるイメージでチャレンジしていきましょう。