受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム一覧column

コラム一覧

不労所得を作ろうとして失敗する原因10選

2016年12月5日

平均収入

憧れの不労所得。働かずして収入があるって魅力的。そんな不労所得を手にしようと考えていろいろと行動に移している方も多いと思います。でも、何も知識や情報がなくやみくもに手を出してしまうと失敗してしまうことも。今回は、不労所得を得るために知っておくといい失敗する原因10選を紹介します。それらを知ることで、失敗をすることを事前に防ぐことで、たとえ失敗しても早い地点で気付けます。ぜひ参考にしていただけたらと思います。

①不労所得に対してメンタルブロックがかかっている

「不労所得」働かずして収入を得ることに抵抗はないでしょうか?不労所得を得たいと考えているのに、抵抗があるわけがないと思われるかもしれませんが、いいイメージを持っている人は少ないものです。そういった傾向があるならば、それを認めて外していきましょう。不労所得を得ることへの抵抗をなくすのです。

②不労所得を得る目的が明確ではない

何のために不労所得を得たいのか、まずこの目的をはっきりさせることが最初の第一歩になり、継続するための大きな原動力になるでしょう。不労所得を作るのは、何もせずして収入を得る、の言葉通りに本当に何もしなくていいわけではありません。何らかの行動を起こさないとできません。そして不労所得を作る段階でモチベーションの低下や、行き詰った時にもこの目的がしっかりあれば「それ」に向かって進む励みにもなります。

③情報がないままやみくもに手を出す

何で不労所得を得るか、を決めたらしっかり情報収集を行ないましょう。そんなことより早く収入を得るために行動したい、その気持ちもよく分かりますが、効率よく、失敗しないためにしっかりと調べることはとても重要です。そして、どの方法にもメリットとデメリットがあります。特にデメリットの情報はしっかり収集しておきましょう。そのデメリットがどんなものなのか、そのデメリットを受け入れる気持ちがあるかないかで、取り組む覚悟も違ってくるからです。

④目標が高すぎる

目標が高いのも失敗する原因です。目標を高くし過ぎると、目安で立てたつもりでもそれが自然に達成しなければいけないものになってしまい、気持ちに大きなプレッシャーを与えてしまいます。プレッシャーに強い人であれば問題ないのですが、弱い場合は目標が達成できず、自信をなくしてしまいかねません。目標は達成できそうな高さから立てていくことをおすすめします。

⑤リスクを考えない

リスクを考えていない、これも失敗する原因です。多くの人がメリットばかりに目がいきデメリットを考えていない傾向にあります。もちろん、メリットばかりあればいいのですが、やってみなければ分かりません。そんなやってみなければ分からないことも、体験する前に知っておけば対処の仕方が分かりますので、慌てずにすみます。そして実際に何かあっても知っていれば、そんな大きなリスクにならないものです。

⑥焦り

この焦りがあると、早く結果を出すことに意識が集中してしまい、一時的に不労所得を作れても、長期に渡って継続することが難しくなってしまいます。そして、早く結果を出そうと焦っている時は、短い期間での結果しか見ていません。一時的なメリットにしか注目していないため、大切な「何か」を見落としてしまっている、といったことにもなりかねません。そういった理由で焦らないことです。

⑦相談する相手を選ぶ

不労所得を得たい、と考えている人は実に多いのですが、実際にそれを口にしている人はとても少ないものです。それは、最初の項目に触れた内容にもあるのですが、不労所得という言葉のイメージがいいものではないからです。でも、不労所得を得たいと考えたのならば、その考えを貫き通すとともに、その考えに理解を示さない人などには話さないようにしましょう。反対の意見や認めてもらえないだけで、やる気がそがれてしまうことにもなり兼ねません。もしも理解を示してくれる人がいない、でも精神的な支えや理解者が欲しいのであれば、読書はいかがでしょうか?特に不労所得を得ている人の成功本などであれば、失敗経験や成功のコツなども書いてありますので、大きな支えになってくれます。

⑧いくつもの方法に一機に手を出す

不労所得が欲しいばかりに、いくつもの方法に手を出すのも失敗する原因です。不労所得と聞けば、いくつかの方法が内容は良く知らないが思い浮かぶ、そんな人も多くなりました。ですが、さまざまな方法に一気に手を出すと、どれも中途半場になって結果が出ないのに、止めてしまう、そんなことにもなり兼ねません。自分がこれならできる、少し興味があるなどの方法を選びじっくりと一つの方法でまずは土台を作っていきましょう。

⑨いきなり不労所得一本に絞る

無謀にも、本収入になる仕事を辞めて、いきなり不労所得一本に絞ってしまう人がいますが、これは止めておきましょう。不労所得を始めたばかりや、収入が安定しないのに主となる収入源がなくなってしまうと、生活ができなくなってしまうのはもちろんのこと、慌ててその時々の判断も間違ったことになり兼ねません。
しっかりと、不労所得作れるようになってから一本に絞ることをおすすめします。

⑩必要費用を計算に入れていない

不労所得を作る時に、大切なのがその必要費用を計算に入れていないのも、失敗する原因。どの方法をとって不労所得を得るにしても、必要な経費があります。これを度外視している人が多いのです。そうすると、当然のことながら不労所得を得るどころか、出費がかさんでマイナスになってしまった、ということにもなりかねません。しっかりと、経費も入れて計画を立てましょう。

まとめ

以上が、不労所得を作ろうとして失敗する原因10選です。これらのことは決して難しいことではありませんので、こういったことも考えておいたほうがいい、と参考にしていただけたらと思います。先に失敗する原因を知ると、それを避ける方法を考えることもできます。