受付時間 平日 AM10:00〜PM17:00

TEL 03-5244-9770

コラム コラム一覧

コラム
2016年8月12日

お金の考え方を変える?『引き寄せの法則』とは

引き寄せるイメージ

いつもお金に満たされている人、お金に困っている人がいますが、何が違うのだろうと考えたことはありませんか?どんな仕事に就いてどんな風に仕事をしているのか、元々の資産があるというように環境に左右されることも多いですが、実は、お金には自分の考え方や行動によって引き寄せたり遠ざかったりしてしまうものなのです。これを「引き寄せの法則」と言い、無意識の考え、つまり潜在意識が大きく関係していると言われています。今回は、そんなお金の考え方を変えられる「引き寄せの法則」についてご紹介していきます。

引き寄せの法則でお金を引き寄せられる?それとも引き寄せられない?

引き寄せの法則でお金を引き寄せるためには、潜在意識を変える必要があると言われています。この潜在意識の変え方には様々な考え方が存在していてどの方法がその人にピッタリくるのかは実はやってみなければわかりません。
お金に対する潜在意識には2つのタイプが存在します。

・お金に対してマイナスのイメージばかりを持っている人

お金を使うことをもったいない、お金がなくなってしまうと考えてしまう人は、常に「お金がない」というネガティブな思考をしています。すると、収入アップに対する努力に関しても諦めてしまう傾向にあります。

・お金に対してプラスのイメージしかない人

お金を稼ぐこと、そしてお金を使うことに対して何のためらいも迷いもない人です。お金は使うために稼ぐ、頑張って働いたから自分のために使う、というお金に対して基本的に意識の高い人です。収入や貯金の額にあまり悩まされないため、お金を稼ぐために積極的な行動を取れます。

どちらのタイプに属しているかによって、「引き寄せの法則」の実践方法は異なります。いずれも潜在意識が関係しているため、すぐに効果を実感できるものではないということを覚えておきましょう。

自分の潜在意識はプラス?マイナス?

まず、自分自身のお金に対する潜在意識は、プラスなのかマイナスなのかを認識することから始めてみましょう。自分自身の金銭感覚は、生まれ持ったものではありません。これまで育った環境や、両親や周囲の大人、友人や恋人との遊び方、仕事の人間関係から受ける影響によって自然と思考に刷り込まれた考えです。潜在意識を変えるためには、自分の金銭感覚を整理し、プラスかマイナスどちらに属しているか認識した上で、リセットする必要があります。例えば、あなたは「年に1度の海外旅行は贅沢か?」という問いに対して、どのような回答をしますか?年に1度なら普通、数年に一度でいいのに無駄遣いだ、と考えるのか、この問題に正解はありません。しかし、この問いに対するあなたの思考は、自分の金銭に対する潜在意識表れだと言えます。そしてこの感覚を一度リセットすることが、引き寄せの法則を実践する第一歩となるのです。

「もっとお金が欲しい自分」を認識する

お金に対する潜在意識がマイナスの場合、次はその度合いについて確認してみましょう。方法は簡単です。「今、どのくらいお金が欲しいか」と自問してみましょう。
平均的な生活ができる額があれば良いですか?自分の学歴や職歴、年齢で今の給料なら満足だ、と考えましたか?
「もっとお金が欲しい」という考えを、自身では「現実的」だと思っているなら、潜在意識に何らかの制限が掛かっている状態だと考えましょう。特に日本人は、強欲は恥ずかしいこと、控えめなことが美しい、とする傾向があります。小さいころから繰り返し教えられることにより、無意識のうちに「欲しい」という感情に蓋をしているのです。
しかし、本当はお金が欲しいはずなのに「このくらいで充分だ」と考え、口に出す人は、例え上手くいってもそれ以上のお金を手にすることができません。

意識の制限を開放する

次は、自分自身のお金に対する意識を、わざと変えるような言動をしてみましょう。

・お金を稼ぎたいという考えを、いやらしいこととは思わずに口に出す
・お金がたくさん欲しいという気持ちを正直に認め、罪悪感を持たない

これらの考え方を意識して口に出して言い続けることで、これまでの金銭感覚に対する固定観念を書き換えてリセットします。これまではお金を稼ぐことに対する罪悪感、使うことによる後ろめたさ、慎ましい生活が良いという固定観念が取り払われることによって、お金を稼ぐ考えや行動に対する方向性が見つかり、積極的に行動できるようになります。お金に関する無意識の制限が外れることで、まるでお金が引き寄せられるような変化を感じ始めるはずです。

「引き寄せの法則」でお金が集まってくる?

お金がないと口にしている人は、お金のない状態が当たり前になってしまい、そこから抜け出す行動を起こせません。同じように、「もっとお金が欲しい!」と漠然と口に出すだけでは、お金を引き寄せるには不十分と言えるでしょう。十分に潜在意識を変えられたと思ったら、お金を稼ぐ具体的な行動や方法を考えてみましょう。例えば、月に100万円を稼ぐための具体的な方法を考えてみましょう。どんな行動を起こし、どのぐらいの期間が必要でしょうか。また、お金を稼いで成功した自分の生活も具体的にイメージしましょう。一軒家それとも高級マンションですか?好きな家電・最新家電、車も国産車やフェラーリといった外車など、生活に潤いを与える商品は無数にあります。
あなたはどんな生活が理想でしょうか?「引き寄せの法則」に従ってお金を得るためには、成功した自分自身を徹底的にイメージし、思い込むことが何よりも重要です。

【まとめ】

お金の考え方を変える「引き寄せの法則」をご紹介してきました。
潜在意識の固定観念を塗り変えることは、決して簡単ではないでしょう。しかし、固定観念を取り払えれば、お金を稼ぐことへの罪悪感や、使うことへの後ろめたさを覚える必要がなくなります。ぜひ、今回ご紹介した方法を参考に、お金を好きなだけ引き寄せられる自分をイメージしてみましょう。

NEW POST

CATEGORY